漫画家の登竜門であるアフタヌーン四季賞にて佳作を受賞。それをきっかけに『アフタヌーン』(講談社)にて『ミズサキマキ 水惑星再開発推進機構』を連載した吉本ゆーすけ先生。新人漫画家である吉本先生だからこそ聞けたリアルなお話は、漫画家を目指している方々にとって参考になるのではないでしょうか!

1章:3作目の正直
2章:連載と試行錯誤


1章:3作目の正直

漫画に興味を持ったきっかけは何ですか?

吉本ゆーすけ先生(以下吉本)これといったきっかけはなく、気づいたら読んでました。小学生の時は『らんま1/2』『烈火の炎』が好きで集めていましたよ。漫画も描いてはいましたが落書きレベルでしたし、漫画家になろうとまでは思っていなくて、卒業文集の将来の夢には「サラリーマン」と書いていましたね。漠然と目指し始めたのは中学、高校生あたりかな。面倒くさがりな性格なんで(笑)、自分が好きなことを仕事にしたいとその頃から思い始めたんです。

どのような中学、高校生活を送りましたか?

吉本中学生の時は、放課後にバスケ部の練習をして、帰宅してからアニメを見る、という生活をしてました。その頃はまだ漫画の描き方を知りませんでしたね……。高校生の時は、毎日19時過ぎまで授業があるクラスの生徒で部活が一切できなかったから、土日に近所の体育館に行って友人と筋トレをしていましたね。

19時過ぎまで授業があったんですか……!

吉本といっても勉強は苦手だったんですけどね(笑)。でも、国語の現代文だけはいい点がとれていました。多分、漫画に通じるものがあるからでしょうね……。
ともかく、学生時代の経験がストーリーや登場人物の掛け合いに活きていると思います。多分、どんな漫画家さんも若い頃の経験が漫画制作につながっているのではないでしょうか。僕は今も若いですが(笑)。

漫画家になるための練習はしていましたか?

吉本「なんとかなるだろう」と思っていて、特に何もしていませんでした……。まあ、なんとかならないんですけどね(笑)。小学生から高校生まで運動ばかりしていて、美術とはほぼ無縁だったので、美術教室などに通っておけばよかった、と今は思います。強いて言えば、好きな漫画やアニメのキャラクターを模写したり、自分は投稿しませんでしたが読者投稿イラスト雑誌を読んでいましたね。あと、「絵」関係の仕事に就きたかったので、美術系の大学に入学したいと親に言っていました。

そして、美術系の大学に入学されたんですよね。美術を本格的に学び始めてどうでしたか?

吉本思っていたより、周りの学生は絵がうまくて、僕は絵が下手だったんだと思い知りました……。自分より努力していたり技術のある人がたくさんいる現実を知って、はしゃいでいられませんでしたね。そんなことのせいか、元々明るかった性格が暗くなっちゃって、夢と希望のストーリー漫画ではなく、ダメな主人公の漫画に共感するようになりました。『ネムルバカ』の石黒正数先生にすごく影響を受けましたね。

他に影響を受けた方はいますか?

吉本同じ大学の同居人にすごく影響を受けました。彼とは、5時間、時には10時間くらい漫画について話したり、ネームを見せ合ったりします。僕とは性格がかなり違うので、自分の考えになかったような意見を言ってくれますね。努力家な彼は今、漫画家になって第一線で頑張っていますよ。出会っていなければ、ここまでできていなかったので感謝してます!

その他、大学時代印象に残っている出来事はありますか?

吉本一般参加だったコミティアで、知り合いの方の打ち上げに参加させていただいた時の事ですね。そこにプロの漫画家さん達がいて、お互いにダメ出しをしていたのを聞いて衝撃を受けましたね……!とてつもなく上手くて魅力的なのに、そんなにまで考えているのかと……。これに触発されて漫画を描こうと思いました。それまで、ちゃんとした漫画を描いた事がなかったんです……。

初めて漫画を描いた時はどうでしたか?

吉本もう手探りでした!今まで読んだ漫画を思い出しながら、コマ割りはこんな感じだろうかと思いつつ、ネームは描かずに仕上げました。ストーリー作りにつまづかなかったし、担当がいないから打ち合わせもないし、ネームなんて描く意味がないと思っていましたね。今は、ネームの大切さが身に染みてわかっていますよ(笑)。そのように描いた漫画は、退屈している主人公がちょっとした事でこの世界は面白いと気づく、という大学生が描きそうな青春のモラトリアム的なストーリーでした。その漫画では、自分の思っている事をキャラクターに言わせることができて楽しかったけど、はたして最後まで描けるのかっていう不安があって……。完成した時は、描き終えることが出来たんだ!という達成感でいっぱいでしたね……!今見たら突っ込み所の多い拙い漫画だろうけど、愛着があります。

その漫画を持ち込みしましたか?

吉本持ち込み前に、コミティアの出張編集部で見てもらってたのですが「一生懸命描いたのは伝わるよ。僕は好きだけど、漫画としていいものかというと、そうではないかな。」と言われてしまいました。つまり未熟ってことでしたね……。持ち込み先は、僕の作風に合いそうな青年誌を探そうと何冊か買ったうちのひとつだった『アフタヌーン』の四季賞受賞作を読んで、そこに決めました。それで、持ち込みしに行ったんですけど、表紙を家に置いてくるというミスをしまして……。その日は、編集部に行った後そのまま帰省することになっていたんで、仕方なく、後から表紙を持って行くことにしました。でも、その後震災があって帰ることが出来ず、締め切りを過ぎてしまい、四季賞に出す事も無く終わってしまいました……。

それはとても残念ですね……。持ち込んだ漫画を見てもらった編集さんから何か教わりましたか?

吉本1コマ1コマの場面の切り変え方などを学びましたね。それと、ストーリー構成を学ぶために、星新一のショートショートを読んだ方がいいと言われました。多分、余程の天才でなければ誰もが通る道だと思うんですが、客観的に自分の作品が見れていないせいで良し悪しがわからなくて、ストーリーを考え始めると客観的にはだめなことでも自分の中では完璧だと思っちゃうんですよね。その反省をいかして2作目では、冒頭部分のインパクトに気をつけて、読者の興味をひくような絵や台詞を入れるように心がけました。「わかる人にわかればいい」ではなく、万人が読んで理解できるように、雰囲気を「漫画っぽく」するように。でも、そう意識したらどこにでもありそうな漫画になってしまって、1次選考は通ったけど最終選考で落ちてしまいました。

3作目はどんな漫画でしたか?

吉本趣味や性癖やフェチを出しまくりました!目つきが悪いけど、実はいい子っていうキャラクターが好きで、それのみに特化した話にしましたね。でも、それでおもしろい長編漫画を描ける自信なくて、1話数ページのオムニバス形式で3話描きました。

その漫画が2012年四季賞夏のコンテストで佳作を受賞されたんですね。決め手は何だったのでしょうか?

吉本良くも悪くも、趣味を全面に押し出したからだと思います。でも、もっと目つきが悪くてよかったとも言われました。フェチを狙った漫画を描くなら、それが極端であればあるほどいいので、もっと強調した漫画にすればよかったと思いますね。


ページ 1 ページ 2