その名の通り、何から何までとにかく「薄い」大学生色素薄子さんのまったりキャンパスライフをていねいにえがいてきた、『がんばれ!消えるな!!色素薄子さん』。作者の水月とーこ先生に「薄子さん」の話を中心としながら、デビューまでの道のりやキャラクター作りのこだわりについて、ゆったりじっくりお聞きしてきました~!


漫画家になれたのはすべて「コミスタ」のおかげ!?

漫画を初めて描いたのはいつ頃ですか?

水月とーこ先生(以下とーこ)小学2年生の頃初めて『なかよし』を買って、こんな漫画があるのか!と驚き、真似してノートに描き始めたのが多分最初だと思います。
片岡みちる先生が描く丸っこいイラストがすごく好きで、多分その人の影響は今でもモロに受けていると思います。

しかし漫画のあとがきにも描かれていましたが、付けペンが上手く使えなくて漫画家の道を一旦諦めたとか。

とーこ小学6年生ぐらいに、漫画を描くためのツールがあることを知りました。それで付けペンや原稿用紙、トーンがセットで合わせて1200円くらいで売られている、漫画家セットのようなものを買ったんです。「これで『なかよし』に応募が出来る!」と意気込んで描き始めたんですけど、話も作れないし、何より付けペンがいつまで経っても慣れなくて。なかよしにも「漫画家になるための小冊子」みたいなのが付いてきて、フラッシュの描き方とか載ってるんですけど、定規をいくら当てても全然上手く引けない(笑) 「漫画家になるための…」って書いてあるんだから、これが出来なかったら漫画家にはなれないのだと思っていました。中高はずっと文芸部で、その部誌の表紙や、同人誌も一応描いていたのでなんとなく絵はずっと描いていたんです。けれども、結局付けペンに慣れないという漫画家にとって致命的な壁にブチ当たり、その時点で割と簡単に諦めていました。

同人活動に参加するようになったきっかけは?

とーこ中学2年のとき、お姉ちゃんが同人誌を出していた友達がコミケカタログを持ってきたのが、「同人」を知ったきっかけです。ちょうどそのとき、スクウェアの『サガ フロンティア』が流行っていて、自分も大好きだったので、買い漁る内に自然と自分でも描きたいという気持ちが湧いてきたんです。

1番最初にサークル参加されたのはいつ頃でしょうか?

とーこ中3の頃です。東京の郊外で、100スペースくらいの小さなイベントで初めて漫画を出しました。中高がバイト禁止だったので、お年玉を切り崩しながら参加していましたね。

文芸部ではどのような活動をされていましたか?

とーこ創作の小説やエッセイを書いていました。中学校の頃は小説家になりたいと思っていたんです。毎日深夜までワープロに向かって、印刷して、ホッチキスで製本して友達に見せたりあげたりしていました。高校生になってからは部長を3年間やりました。学園祭では部誌という……ほぼ同人誌なのですが、それを売りました。部員みんな絵が上手だったので、「あれ?!文芸部なのに漫研より……(略)」という。青春ですね。

大学の進路はどのように決められましたか?

とーこ自分が進んだ大学を選んだ理由が、「考古学科の授業がある」ということでした。高校の頃から考古学をやりたかったのですが、考古学の専攻がある学校って、京大とか偏差値が高いところばかりで……自分の学力ではとても……でも入った大学の考古学の先生が、熱意のあるとっっても素敵な先生で。日本文学科だったのですが、ゼミも、卒論も考古学に絡めたものになりました。

ちなみに、考古学に興味を持つようになったきっかけは?

とーこ教科書で土器や土偶の写真を見ると、すごくドキドキするんです。土器だけに……
冗談はさておき、とにかく小さいときから想像(妄想?)が好きだったので、「1万年前」なんて言われてしまうと、もう……自分の想像も及ばない世界がそこにあったのだと思うと、それだけでワクワクしました。
それと……漫画「ラブひな」に出てくる瀬田さんが、世界中の遺跡を飛び回っているのを読んで、純粋に「カッコイイ!」と思ったんです。今でも考古学者の夢は、半分捨てきれずにいます。