吹奏楽部の先輩あずみさんと後輩葉平くんの、ラブラブなお付き合いを描いた『7時間目の音符』。中学から付き合っている熟年(?)カップルと、高校から付き合い始めたばかりのカップルを交互に描く『あまあま』。作者である「イチャラブコメディー」の新旗手、志摩時緒先生にメールインタビューを敢行!デビューまでの道のりを辿る前編、作品制作の裏話に迫った後編と、ファン必見の内容間違いなし!


Q1.イラストや漫画を描き始めたのはいつ頃でしょうか?

志摩時緒(以下志摩) 漫画イラストを描き始めたのは小学4年、5年辺りです。クラスの友達が描き始めてそれと一緒に始めました。コマを割った漫画をノートに描き始めたのは中 学くらいですが、まともに完成できたものはありませんでした……キャラの描き分けはできないし、構図もワンパターンだし、背景も描けないし。大体2、3 ページで続かずに終わっていました。

Q2.同人活動を、相当長く続けられているようなのですが、最初に同人文化を知った/サークル側で参加したのはいつ頃でしょうか。また、サークル参加し始めた頃の思い出などあれば教えてください。

志摩 同人という存在を知ったのは中学3年くらいです。windows95が出た当時―自分は小学5年生位ですが―親がパソコンを買ってイ ンターネットを始めて、それでハマって中学の頃からは自分でHTMLいじってホームページを作っていました。お絵描き掲示板とかで交流しているうちに、ネッ ト上の友達が地元の小さな同人誌即売会に出ると聞いて、なにそれ?と思って一般で行ってみたのが最初です。実際に行ってみて、便箋とかラミカとかコピー本 とか自分で作って頒布しているのを見て、自分もやりたい!と思い、高校1年の時に初めて地元の同人誌即売会にサークル参加しました。初めてのコピー本は 10部も作らなかったですが、3、4人の方に手に取ってもらえて嬉しかった覚えがあります。

Q3.きちんと「コマを割った漫画」を完成することができたのは、即売会に参加したことがきっかけなのでしょうか?ちなみにその時の作品は、二次創作だったのでしょうか?

志摩  二次創作で短編を下手なりに1本最後まで仕上げたのが最初です。オリジナルだと設定と話を頭の中で考えるのは楽しいけど、それを上手くまとめて描けな かったんです。二次創作の場合は設定などは原作ありきで、この好きなキャラのこういうシーンが見たいからそれを描く、ということができたので完成できたんだと思います。

Q4.商業ではアンソロジーが初めてのお仕事だったと思うのですが、どのような経緯でお仕事をお引き受けになったのでしょうか?

志摩 アンソロジーのお仕事は、サイトを見た編集さんからメールを頂く形で始まりました。
それまではどちらかというと女性向けのジャンルで細々と活動していたんですが、『ひぐらしのなく頃に』にハマってイラストを公開していたらサイトの閲覧者が増えて、その流れでアンソロジーのお仕事を頂きました。

Q5.芳文社と白泉社、それぞれのデビューまでの経緯を教えてください。

志摩 芳文社の編集さんからメールを頂いたのが始まりです。09年4月『放課後プレイ』の同人誌1冊目を出した頃にご連絡を頂いて、連載前提の読切を 作ることになりました。でも、私はそれまでまともにオリジナルの読切漫画を作ったことが無かったので、何をどう描けば良いのか分からず、作業は中々進みま せんでした。
芳文社での読切を考えつつ、同年7月に『放課後プレイ』の同人誌2冊目を発行した際のイベントで、白泉社の編集さんから「オリジナルで漫画描くことは興味 ありますか?」と名刺を頂きました。その時の私は「オリジナル描けなくて途方に暮れています状態」だったので、その場ではお断りしてしまったんです。
それから半年くらい経って芳文社での読切『7時間目の音符』がまんがタイムきららフォワードに掲載されますと冬コミで告知した所、白泉社の編集さんから改 めてご連絡を頂き、『楽園 Le Paradis』でのお仕事を受けることになりました。編集さんにその後お話を聞いたら、『放課後プレイ』の同人誌を見て声をかけて頂いたんですが、それ 以前に描いていた『謎の彼女X』の同人誌も見て頂いていたみたいです。
その後、それぞれ同時期に連載準備を経て、10年11月から『7時間目の音符』隔月連載開始、11年2月から『あまあま』連載開始となりました。

Q6.本格的に、商業漫画家としてやっていくことを決断した瞬間はありますか?

志摩 漫画家になりたいと思って漫画家になったわけではなく、いわゆる同人上がりデビューなので、『7時間目の音符』と『あまあま』の連載を始めた頃は兼業で 会社員をしていました。連載が決まってからもそのまま兼業で続けるつもりだったのですが、会社の上司に相談した所「持っている技術を今の仕事より活かせる 職があるなら、そっちを大事にした方が良いよ」と言われたので、一本に絞る形で商業漫画家としてやっていくことになりました。なので漫画家になったという よりも、『今自分に出来る職に転職した』という意識の方が強いですね。

 


ページ 1 ページ 2