フレックスコミックスにて『貧乏姫ですが、何か?』を連載された漫画家、鬼塚たくと先生。先生は一般誌での連載を獲得するまで、同人、成人向け、イラストレーター……と様々な経歴を経てきた。そんな中でも頭に描き続けていたのは、「漫画家」への道だった……?鬼塚先生の、漫画への熱い想いが詰まったロングインタビュー!

「それでも」目指し続けた漫画家の道!

絵を描き始めたのはいつ頃ですか?

鬼塚たくと先生(以下鬼塚)物心ついた頃には、鉛筆やペンを使って家の柱や壁に落描きしては親に怒られていました。多分3~4才くらいだと思います。新聞紙とか広告の裏、電話帳や窓ガラスなど、描ける場所にはどこでも、当時の漫画やアニメのキャラクターを描いて遊んでいました。小学生になるとノートに鉛筆でコマを割って漫画っぽいものも描いていました。

絵や漫画の描き方は、どのようにして学んだ・覚えていったのでしょうか?

鬼塚漫画やアニメの好きな場面を真似して落描きしているうちに、少しずつ自分の頭の中で自分独自の物語やキャラクターを創造するようになりました。次はそれを漫画で表現したくなったのですが、当時漫画雑誌に初心者向けの漫画の描き方みたいな記事が載っていて、それを読みながら自分の考えた物語をノートに漫画で描くようになりました。
でも初めの内は全然上手く描けなくて、どうやったら描けるんだろうと思いながら好きな漫画の表現方法を真似したりして……他にも誌面でプロの漫画家さんが使っている道具が紹介されてたりすると、それと全く同じ道具を画材屋さんで探したり。とりあえず上手い人達と同じようなことをしていればそのうちに上手くなれるんじゃないか、という感じで覚えていきました。

影響を受けた作品を具体的に教えてください。

鬼塚子供の頃は鳥山明先生の『Dr.スランプ』が好きで、いろんなキャラが沢山出てきて大騒ぎするようなギャグ漫画をノートによく描いていました。『キン肉マン』とか『聖闘士星矢』とか『男塾』とか、熱血バトル漫画も好きで、とりあえず当時は自分が少しでも面白いと思った作品は全部真似して落描きしたりしてました。
ある時友人が勧めてくれた『湘南爆走族』という漫画を読んだのですが、それがとても強く印象に残り「ああ、こんな感じの漫画を描きたいなあ」という感情が出てきたのを覚えています。暴走族である主人公達の笑いや涙や恋愛といった物語を描いた内容なのですが、登場するキャラクター達が魅力的で、「表面上はいつもバカやってるヤツらだけど、本当はみんな悩んで苦しんで考えて自分なりに一生懸命生きているんだよ。……でもやっぱりバカで笑えるよ」みたいな、自分が目指している漫画の原点のような作品だと思います。
その後は『カメレオン』とか『GTO』とか、ギャグが大半を占めているけど本筋はすごく真面目というか、そういった作品を読んで影響を受けました。
あと、映画も好きでよく観ているのですが、自分の漫画のアイデアやエピソード等は大抵映画から思いつくことが多いです。『貧乏姫ですが、何か?』の「貧乏」というキーワードも、貧乏人と金持ちの立場が逆転するという昔観たコメディ映画を思い出した事からきているので。

作中でちょくちょくとキャラクターがプロレス技を使っていますが、プロレスもお好きなのでしょうか?

鬼塚おっしゃるとおり、プロレスが大好きです。十代前半の時「漫画家」を目指すか「プロレスラー」を目指すかで真剣に悩んだ事もあるほどで……悩みながらもプロレスラーが主人公の漫画をノートに落描きしてるのに気付いて「あっ、自分にはやっぱり漫画家かな」といった感じで決めました(汗)
自分にとって、漫画とプロレスには共通する部分がすごく多いんです。どちらも表面上の綺麗さやカッコよさだけでは成り立たなくて、その影にある大事な部分、人物達の背景とか空気の流れとかそういった部分がしっかり出来ていて、初めてお客さんを魅了できるというか……それだけではないのですが、ずっとプロレスを観ていて「プロレス」というものが段々とわかってくると、そこから漫画として学べる部分をいっぱい発見できたんです。ある意味、漫画や映画と同じように自分にとって最も影響を受けたもののひとつだと思います。

学生時代はどのような活動をされていましたか?

鬼塚当時格闘ゲームが流行っていまして、漫画や落描きを少し描いてあとはゲームばかりしている毎日でした(汗)
投稿するでもなく、何かひとつ作品を描き上げるでもなく、全然前に進まない人生を歩んでいたというか……それでも漫画は沢山読んでいましたので、それが唯一の救いだったかも知れません(汗)
いろいろ漫画を読んで、「あー、自分も描かなきゃなあ……どんなの描こうかなあ……昨日考えたあのキャラでこんな世界で……でも自分なんかに描けるのかな……」と頭で考えながら、でも目線と手先はゲームに夢中みたいな。今考えると自信の無さから現実逃避してただけだったのかもしれないですね。
今では「もっと漫画の勉強をしなさい」と過去の自分を叱りに行きたいくらい反省しています……

それでは本格的に漫画やイラストを描き始めたのはいつ頃ですか?

鬼塚付けペンや原稿用紙などを使って本格的に描き始めたのは高校卒業後の18才くらいからです。その前にもGペンで線を描いてみたことがあったのですが、ものすごく描きづらくてすぐにやめてしまって……結局それまではほとんど鉛筆しか使っていませんでした。
それでは漫画家にはなれないと思い、必死で付けペンと原稿用紙で線を引く練習をしてなんとか人並みには使いこなせるまでにはなれました。

商業以前は同人活動を積極的に行われていたようですが、始めるきっかけになったことはありますか?

鬼塚自分の周りにはどちらかというと商業よりも同人活動をしている方が多かったので、自分も自然とそっちの方へ流れていきました。当時の自分にはどうしても商業誌は敷居が高いというイメージがあってなかなか投稿する気持ちまで進めず、自分にとって練習というか腕試しみたいな気持ちで同人誌を描き始めたんです。自分の描く作品は見知らぬ人達にどう映るんだろう?という感じで……やってみると少しずつですが読んでくれる人が出てきて嬉しかったです。本格的に付けペンと原稿用紙で描き始めたのも同人誌からだったと思います。

初めて商業のお仕事を得たきっかけは何だったのでしょうか?

鬼塚成年向け同人誌を描いていた頃に、それを読んでくださっていたコアマガジン様の編集さんからお手紙をいただきまして、それがきっかけで成年向け商業漫画のお仕事をいただけるようになりました。
当時は商業活動に関して右も左も全くわからない状態で反省の多い作品ばかりでしたが、キャラの作り方からプロットやネーム、仕上げ、ひとつの作品を0から作りあげていくという事をこの時期に学ばせていただきました。この経験があったからこそ、今の自分があると思っています。

『貧乏姫ですが、何か?』以前はイラストのお仕事が多かったようですが、先生自身としてはイラストレーターと漫画家、どちらになりたかったのでしょうか?

鬼塚漫画家です。子供の頃からずっと漫画家を目指していました。イラスト関係は、自分の漫画に自信が持てずなかなか作品が描けない時期がありまして、その時に編集さんから「それならばイラストはどうですか?」と仕事をいただいたのですが、イラストを中心に描いているとやっぱり漫画を描きたい気持ちが強くなってきまして……キャラクターひとり描いているだけでも、描きながら「ここでこんなセリフを喋らせて次のコマでこう動かせれば……」と頭の中で無意識にコマ割りしたりしてしまって、やっぱり自分は漫画が描きたいんだな、と改めて思いました。

フレックスコミックスで初連載を持つようになった経緯を教えてください。

鬼塚当時成年向け漫画を描きながらも、やはり昔からの目標である一般商業誌でのギャグ漫画やコメディー漫画を描きたいという思いが強くなっていきまして、もうしばらくしたらどこかの雑誌へ投稿しようと考えていたんです。
そうしたら丁度その頃にある方がメールをくださりました。その方がフレックスコミックスさんの編集さんだったんです。以前から自分の成年漫画や同人誌を読んでくださっていて、ダメもとで原稿依頼のメールを送ってくださったそうなのですが、自分としては一般商業漫画を描かせていただけるチャンスだ!と飛び上がって、すぐに「よろしくお願いいたします」とお返事させていただきました。
とはいえ単行本を一冊も出していない身でしたので、最初は読み切りを何本か描いて読者の反応をいただいてからそれに合わせて連載作品を練る方向へ、という予定だったのですが、担当さんとプロット案を何本かやりとりしていくうちに『貧乏姫ですが、何か?』の試作案のようなものができ、その内容をフレックスコミックス編集部に気に入っていただき、連載作品として始めても良いのではないかというお話になって初連載を描かせていただける事になりました。
自分としては初の一般商業作品で初連載というとてもありがたいお仕事をいただけて大変感謝しています。


ページ 1 ページ 2