『神様家族』『デュラララ!』などでは小説挿絵のイラストレーター、『女神異聞録デビルサバイバー』などではゲームのキャラクターデザイナー、そして漫画家としては月刊シリウスに『夜桜四重奏』を連載中と、様々な分野で自身の才能を発揮されているヤスダスズヒト先生。「夜桜~」は、今秋からアニメ版の新シリーズ『夜桜四重奏 〜ハナノウタ〜』の放映が控えており、現在一段と注目度が増しています。
まずインタビュー前半では、「夜桜」の作品制作にまつわるあれこれについてお聞きしました!


『夜桜四重奏』という作品で、一番最初にあったイメージはどのようなものでしたか。そこからどのようにイメージを膨らませていきましたか?

ヤスダスズヒト先生(以下ヤスダ)最初は町に住む男の子の成長物語として描いていこうと思っていましたが、だんだん町自体を描きたいなと思うようになり群像劇で行こうと決めました。群像劇と言いつつも〆るところはきっちりメインの4人が〆る作りにはしています。

群像劇を描くことの面白さを先生はどのように考えていますか?

ヤスダ色んな人の、それぞれ色んな考え方を、色んな手触りで見せれるのがとても楽しいです。

中高生くらいの年齢の主人公達が、町長や事務所の所長といった形で社会に関わっているのが他の少年漫画作品と少し異質な部分になっていると思うのですが、あれらの設定はどうして生まれたのでしょうか?

ヤスダ主人公達の「親」の世代を意図的にすっぽり抜いていまして(設定にも関わってることではあるのですが)、助けてくれるのはお兄さんお姉さん世代、おじいさんおばあさん世代、そしてなんでもありの神様、という構図がやりたかったというのがあります。少年少女が困った時に「親」の世代が助けてくれる、というのを完全にスポイルした結果、少し変わった手触りがあるんではないかと思っています。

「夜桜」の原型となる連載案は音楽モノだったそうです。そちらから引き継いだ要素はありますか?(表紙でキャラクターに楽器を持たせているのは音楽モノだった頃の名残ですか?)

ヤスダ表紙に楽器を持たせているのはキャラクター性を楽器で紹介したかったのと単純に見栄えが欲しかったからで、初期設定を引きずっている感じでもありません。キャラに関しては一番最初の原型から残っているのは秋名、アオ、ヒメ、恭助だけですね。

主人公秋名の、キャラクターデザインや性格付けに関して注意したことなどあれば教えてください。また「調律(チューニング)」という能力はどのようにして思いつかれたのでしょうか?

ヤスダ秋名はなるべくのらりくらりとしていて欲しいなと思っていますが、なよなよや気弱にだけはしたくないなと思っています。主人公男の子キャラってなかなかデザインがやりづらくてメガネかけて逃げさせる手法が結構あるので、そこだけはどうにか外そうとはやりくりしました。
調律に関しては世界観ひっくるめて構築する上で必要条件として出てきた能力なので、ひらめいたという感じではありませんでした。

メインヒロインのひとり、槍桜ヒメの「ツンヘコ」という属性はどのようにして生まれましたか?また、ヒメのキャラデザといえば首に巻かれたマフラーですが、デザインと、マフラーにまつわるエピソードはどちらから先に生まれたのでしょうか?

ヤスダキャラは自然に動かしていたらそうなっていました。マフラーに関しては同時発生でした。

様々な伏線が重層的に絡み合う本作ですが、連載開始前に、キャラクター、設定や世界観、その後の展開etc……をどれくらい準備したうえで連載に臨みましたか?

ヤスダりら編以外は連載初期段階でプロットがほぼほぼ出来ている話ばかりで、そこにたどり着くまでの数年の間になんとなく頭で練り直したりしています。警察編、鬼殺し編は早く描きたい描きたいと何年もうずうずしていた話です。

シリアスな展開の中にも、必ずギャグ/コメディシーンが挟まれることが、適度な息抜きになって読みやすさを増しているように感じます。そういうシーンは意識的に取り入れているのでしょうか?

ヤスダ読み味が良くなったり、その後の盛り上がりが生きたり、テンポが良くなるような、フックになるものをなるべく入れるようにしていて、それがたまたまギャグだったらギャグが入る感じです。同じ方法論でギャグもシリアスも足しているのでギャグが特別、という感じでもありません。

漫画での作画の場合、ギャグシーンの極端なデフォルメ顔や背景を抜いた白地のコマが特徴的なのですが、意識的に取り入れているのでしょうか?

ヤスダ全部ガッツリしてると読んでて疲れてしまう、という個人的好みによるものです。

今秋からアニメ版「夜桜」の新シリーズが開始されます。かなり積極的に制作に関わっているようですが、アニメという異業種の人達との共同作業をどのように感じていますか?

ヤスダ物の作り方のシステムが驚くくらいに違うので最初は戸惑いましたが、だいぶ慣れてきました。「個人の力ではどうしようもない」部分がアニメでは多いので、漫画業界より色んな意味でおっとりした人が圧倒的に多いように思います。

⇒インタビュー後半は、デビュー以前のお話と、創作活動全般にまつわるヤスダ先生の考え方について!


ページ 1 ページ 2