面倒事が嫌いな高校生の清之助が筆談でしか話せない龍太郎のともだちづくりを手伝う物語『キミにともだちができるまで。』。キャラクター達の人間関係の不安、目標達成の喜び、新しい気づき等々を、感情豊かに描き出し、読者の心へ伝える。その作者、保谷伸先生の漫画制作への心がけ、そして、漫画を趣味から職にしたいと決心したきっかけとは。

1章:趣味の漫画から仕事の漫画へ
2章:思いを詰めて経験を積む


1章:趣味の漫画から仕事の漫画へ

初めて漫画を描いたのはいつですか?

保谷伸先生(以下保谷)小学生のとき、自由帳に初めて漫画っぽいものを描きました。普段読んでいた『ちゃお』や『りぼん』の少女漫画を真似て描いたのですが、結局最初の2ページで放棄してしまいました。小学校高学年になってからまんが・イラストクラブ活動をするようになり、進研ゼミのポイントを貯めて入手した漫画家セットで、初めてスクリーントーンを触りました。クラブの課題であった一枚イラストに、ひとりだけトーンを使ってちょっとした優越感に浸っていました。今思うと、とんだ性悪でした。美術部に所属して油絵を描いていた高校生のとき、友達と版権同人誌をコピー本で出していましたが……漫画と言えるものなのか……。漫画の描き方をネットで調べたり本を読んだりして学びましたが、オリジナルの漫画を一本描きあげることはできなくて、いつも歯がゆい思いをしていました。結局一本描きあげたのは専門学校に入ってからでした。8ページのファンタジーショートマンガで、背景を描きたくないという理由で舞台を砂漠にしていました。

漫画家を志したきっかけをおしえてください。

保谷高校2年生のときから自分がどこへ進学して何をしたいのか悩んでいましたが、高校3年生の進路決定のときに志を固めました。最初は漫画を読むのは好きだけど、大学に行った方がいいんだろうなぁという考えでいましたが、3年生の三者面談が近くなったときに、進路指導室にある大学や専門学校のパンフレットを読みあさり考えを変えました。その日のうちに本当にしたいことを母親に伝えました。怒られるか鼻で笑われると思っていました。でも違いました。最初驚いてはいたものの真剣に話を聞いてくれて一つ助言をくれました。「やりたいなら引き止めはしないけどその仕事をできるのは一握りのヒトだよ。専門学校に行くとしても、その2年間で成果をあげられなかったら諦めて違う職業に就くようにしよう。」その約束をしてから漫画を趣味ではなく職にしたいと決心しました。

初めて投稿や持ち込みをしたのはいつですか?

保谷専門学校1年生のとき、学校の掲示板にコミックゼノンのマンガオーディションという賞の募集要項が貼られていて、サイレントで短いページ数という内容に興味を引かれたことと、もうすぐ冬休みで時間がとれるので、いい機会と思い、応募を決めました。それまで中々作品を応募できず悶々としていたので、どうにかその状況から抜け出したいという気持ちが大きかったのかなと思います。初めてしっかり仕上げて投稿した漫画は、小さい女の子とおじさんが登場する『おじさんと小さな花』です。小さい女の子とおじさんへ愛を込めました……。そして運良く賞を頂く事ができました……!ほんとに、運がよかったなぁとつくづく思いますね……。

『キミにともだちができるまで。』が連載開始した時のお気持ちをおしえてください。

保谷「ほんとにこんなんでいいの?!大丈夫ですか?!正気か?!!」と思いました。でも、やっとスタート地点に立つ事ができたのだと胸が高鳴りました。

筆談をする龍太郎くんを描く際のポイントをおしえてください。

保谷まるっこくて触るとぷにぷにしそうなほっぺたを目指して描いています。また、筆談は普通に喋るよりテンポが遅くなるので、その時間を入れてあげることを意識していますね。いろんな感情を筆談の文字に滲みだせたらいいなぁと思います。

『キミにともだちができるまで。』4巻が2014年7月19日に発売されます。この巻へのお気持ちをお願いします。

保谷龍太郎のことで悶々としていた清之助がとある決心を固める巻になります。あと、雪ではない女の子の恋のお話もあります。今気づきましたが、雪の影うっすいですね。そして後半にはずっと意味深なアドバイスをしていた高橋君がメインのお話も入っています。舞台は私の大好きな松島水族館です。一冊で色々美味しい4巻です。お楽しみ頂けたら幸いです。


ページ 1 ページ 2