SF小説の傑作が、漫画によって鮮やかに現代へと蘇る!「月刊スピリッツ」で連載中の『地球戦争 THE WAR OF THE HUMAN』は、H・G・ウェルズの「宇宙戦争」を作品のベースにしながら、貧民の男の子と上流階級のお嬢様による「ボーイミーツガールもの」になっているなどの、大胆なアレンジが加えられた快作である。作者の小原愼司先生は、以前に江戸川乱歩の代表作を大胆に翻案した『二十面相の娘』を手掛けられており、その実力と手腕は折り紙付きだ。
インタビュー前半ではデビューまでの道のりから創作活動全般について、後半は『地球戦争』を中心に、今月からアフタヌーンにて短期集中連載が始まった『星のポン子と豆腐屋れい子』ついてまでお聞きした!


Q1.はじめて漫画を描かれたのはいつ頃ですか?

小原愼司先生(以下小原)鉛筆での簡単な漫画は小学生、低学年のころには。中学のころには漫画好きの友人たちと
B4の紙を8ページになるように折りたたんだもので定期的に漫画本を作ってました。ペンやトーンを使ったのもこの頃です。

Q2.以前のブログの記述によると、高校生の頃は美術部に所属していたそうです。どのような活動をしていましたか?また、小原先生はどのような学生生活を送っていましたか?

小原美術部では油絵を描いてました。あとの学生生活は漫画、映画、小説にひたすら費やしてました。バイクにも乗りだしたおかげで遠くの映画館や本屋に行くようになりました(笑)

Q3.学生時代の愛読書を教えてください。

小原児童文学が多かったです。ドリトル先生シリーズやリンドグレーンの名探偵カッレくんは話も挿絵も好きでした。
藤子不二雄 吾妻ひでお 諸星大二郎は別格で。

Q4.一度会社にお勤めになってから漫画家を目指されたそうです。なぜ改めて漫画家を目指されるようになったのでしょうか。

小原高校を出て就職したのですが、やっぱり漫画描きたいな、と思って。

Q5.デビュー以前の投稿時代に、何か目標、計画は立てましたか?

小原会社を辞めて1年描いて投稿して、何にも引っかからなければ諦めようと思ってました。結局1年で3作投稿し、3作目でアフタヌーンに拾ってもらいました。

Q6.デビュー先となったアフタヌーンを投稿先に選ばれた理由は何ですか?

小原アフタヌーンには好きな漫画が載っていたのです。「岸和田博士の科学的愛情」と「寄生獣」。
俺もここに載りたいと思いました。

Q7.デビュー直前あるいは直後で、強く心に残っていることがあれば教えてください。

小原デビュー後ネームに詰まってだらだらしてた時、編集の人からの電話に「なかなか描けなくて~」と言い訳したら「描かなきゃはじまらないよ」と言われたことです。今でもとにかく描け描け、と自分に戒めてます。あとは、はじめてファンレターをもらったこと。読者の感想を聞けたこと。今でも励みになります。

 


Q8.プロットやネームなど、お話を作っていくときに意識していること、注意していることなどあれば教えてください。

小原読者にちゃんと伝わるか?これが自分の描こうとしてる事か?これホントに面白いか?

Q9.現在の作画工程を教えてください。アシスタントさんとの作業分担をどのように行っているのかも教えてください。

小原ペン入れまではアナログで仕上げはコミックスタジオです。
背景は特殊な場合を除いてアタリをつけたらアシスタントさん任せです。

Q10.構図を決める際注意していることがあれば教えてください。

小原読者に何が起きてるかわかりやすいか?

Q11.現在先生は大阪在住とのことです。東京近辺よりもアシスタントさんの確保が難しいかと思われますが、先生はどのようにされていますか?

小原女性が多いのですが、アシスタントさんがまた別の方を紹介してくれるパターンで今のところなんとかなってます。基本的にアシスタント経験がある人が来てくれるので上手く回っています。

Q12.小原先生の描くヒロインは、どこか「一筋縄ではいかなそうな感じ」が個人的に魅力的なのですが(笑)、女の子達のイメージはどこから引っ張ってくることが多いですか?

小原たぶん妄想7割、今までに見た色々な女性(現実、映画、ドキュメントやニュースの断片)の集合体だと思います。

Q13.早くからホームページを開設したりと、小原先生は読者との交流を積極的に行っている印象を受けます。読者からの反応が作家にとってどれくらい大きいのでしょうか?。

小原めちゃくちゃ大きいです!最近ではメールで感想をいただく事も多いですがファンレターを貰って思ったのは自分も好きな漫画家に送っとけば良かったと思いました。
感想を参考にしますが割りとそこから逆の発想が出る事が多いです。あ、こう思ってるのか、なら逆のこうもあろう、みたいな。


ページ 1 ページ 2