10年以上に渡り、数々のギャグ漫画を世に送りだしてきた漫画家、施川ユウキ先生。先月も『バーナード嬢曰く。』、『鬱ごはん』、『オンノジ』の3冊を同時刊行、さらに秋田書店から創刊された新雑誌「もっと!」にて『サナギさん』が復活新連載を果たすなど話題は尽きない。施川先生に、それぞれの作品制作にまつわるあれこれをお聞きしてきました!

1章:本を読まない読書漫画!?『バーナード嬢曰く。』
2章:『鬱ごはん』―読むと食欲が無くなる、異例のごはんもの―
3章:『オンノジ』―少女とフラミンゴと世界の終わり―
4章:『サナギさん』―5年の時を越え「もっと!」にてまさかの復活新連載!―


本を読まない読書漫画!?『バーナード嬢曰く。』

各作品のあらすじ・内容についてはサイドバーをご覧ください。さて、本作の構想はどのようにしてできたでしょうか?

施川ユウキ先生(以下施川)まずはじめは編集に、「図書室を舞台に本をネタにした、ジャンルものっぽい漫画を描いてくれませんか」と言われたんです。最初の内はあまり乗り気じゃなくて「そのうち考えます」と言ってはぐらかしていました。そうしたらいつの間にか締切ギリギリになってしまい、「ヤバい、そろそろやんないと」みたいな感じで大慌てで作りました。
とりあえず「読書家に憧れるんだけど本を読まない」ド嬢というキャラクターができ、そのツッコミ役としての遠藤君、それだけじゃ物足りないからもうひとり、図書室が舞台ということで図書委員の女の子、長谷川さんも出したところで連載を始めました。

当初は世界の名言をネタにしたものでしたが、途中から本そのものを扱ったネタにシフトしていきます。

施川自分自身、本は好きだけどそんなに読書家じゃないので、ネタが続かないんじゃないかと思ったんです。それなら「名言」という縛りを入れて、名言集を何冊か読みながらそれをネタにしていけば話が膨らむんじゃないかと最初は考えていました。ところが連載として始めてみると、いまいちネタとして弱いかなと思い直しまして、やっぱり普通の読書漫画にしようと方向転換したんです。
それからは随分と描きやすくなりましたね。結局、「読書家に憧れるけど読むのは面倒臭い」というド嬢のキャラクターは僕そのものなので、普段自分が言っていることをそのまま描いていただけなんです(笑) それとSFなら多少覚えがある分野だったということで、連載してから生まれたのが、神林しおりというキャラクターです。コミックスでは2話で神林が出てきますが、元々の連載では4話で出てくるんです。神林がキャラとしてすごく「立った」ので、単行本の時には2話で早々に出し、描き下ろしも加えてレギュラーキャラのようにしたという感じです。

彼女の、超難解で有名だというSF作家グレッグ・イーガンを、「実はみんなよくわからないまま読んでいる」と看破したシーンは、SF好きの方からは「よくぞ言ってくれた」という感想も寄せられているようでした。

施川イーガンはすごく面白いからオススメなんですけど、実際自分も読みながら「わ、わからない……みんな本当に理解しながら読んでるの?」と思ったからそのまま描いただけです。自分はSFマニアといえるほどではないので、怒られるのは怖いですから一応保険として「分かっていない『に決まっている』」と言わせてはいます。

神林がそこから続ける超解釈も、とてもSF的で素晴らしかったのですが。

施川作者が自分の本の理解度がどうのこうの、シュレディンガーの猫がどうのという量子論ネタですけど、イーガンも長編で結構ダイナミックな量子論ネタをやっているんですよね。それのパロディにもなっているという……

浅学なものでまったく気づきませんでした!ネタの解説をさせてしまうことになって申し訳ありません……

施川自分のギャグの説明をするのは、すごく好きなので大丈夫です。正直、ギャグは説明すればするほど面白くなくなっていくんだけど、中々分かってもらえなかったりするので、つい自分から言ってしまうんです。言わないとわからない時点で相当ダメなんですけどね。

インタビュアーとしては、この場で全話解説して頂きたいくらいです(笑)

施川ギャグに関しては難しいですけど、自分は作り手の側からも作品についてもっと語っても良いんじゃないかと思っています。映画のDVDのコメンタリーが大好きなんですよ。監督とかが自作について語ってるのを聞くと「なるほど、そうかー。この映画作者に愛されてるなー」って思います。「作者は作品で語れ」みたいな、本人が自分から語るなという風潮もありますが、それでツマらなくなるようならそれまでの作品だったと思うようにしています。

実際、あとがきなどで語る先生の作品解説も、単行本の大きな魅力の一つだと思っています。
それ以外にも、ド嬢の各話ごとに差し込まれる読書評や、他誌で手がける映画コラムなど先生の作品解説はどれも作品の面白さの構造に迫るようで読んでいて大変刺激になります。コラム仕事をやるようになったきっかけはなんですか?

施川自分のブログに映画の感想を載せていたら、それを見た編集の方に声をかけられたので引き受けました。「試写会とかも仕事で行けるようになるだろう」とも思いまして(笑)

映画コラムの末尾に付いている一コマネタも、施川先生らしさが出ていて好きです。

施川一コマネタに関しては、いつも締切まであと1~2時間というなかで「やばいやばい」と無理やりひねり出しています。本当に時間がないときはダジャレっぽくなりがちですね……

ネタ出しといえば、多くのところで「自分はネタ出しが遅い」と嘆いていますよね?

施川4コマでもついダジャレというか、「○○だよね、××だけに」みたいな、『ちょっと上手いこと言ってやった』的なネタになりがちなんだけど、そういうのは安易だから注意深く使う必要があると思います。ネタとして成立はするけど、成立したからといってそのネタが面白いかどうかはまた別問題ですから。「ネタとして成立しているからといって仕事として成立しているわけじゃないぞ」というのは、他人のネタを読んでいても思うし、自分の作品作りでも戒めとして心に留めてます。

「××だけに」、という言葉遊び的なネタとしては、ド嬢ではないですが『サナギさん』で雪だるまをお題に、次々と「××だけに」と言い続ける回はすごく面白かったです!

施川あれはいいですね。あれは、「連続で出すこと自体が面白い」という―今完全に面白さの解説をしにかかっていますが(笑)―ネタで、自分でも気に入ってる回です。読み返しても「よくあそこまで思いつくなー」と他人事のように思います。

ほかに、ネタ出しで苦労されるところを教えてください。

施川最初の一コマ目が、全然とっかかりを掴めないということはよくあります。たとえば4ページあったとして、締切まであと3日になってもできない、1日になっても1ページ目の1コマ目もできていないという状況があって、ここだけの話ですが、そんな中で編集さんから連絡が入ったときには「7割方できています」と返すようにしています。どういうことかというと、頭の中に思い描いている表では1ページに4分の1の時間を割いているんじゃなくて、9割の労力を最初の1コマ目に充てているというイメージがあるんです。だから、紙の上では実質何もできていないけど1番リソースを割いている1コマ目が、気持ちの上で出来つつあるから、まあ配分的にはある意味7割終わっているという……だから自分のなかでは嘘は付いていない(笑) そんな歪んだ時間軸の中で「あとこれくらいです」というのを編集に伝えて、自分の中では理屈を通しているつもりです!

このままだとズルズルと脇道に逸れてしまいそうなので、一度「ド嬢」に話を戻させて頂きます(笑)
ツッコミ役の遠藤君も、「一昔前に流行った本を読むのが趣味」であったりと意外と読書家キャラでしたよね。

施川「一昔前に流行った本を読むことがクール」というのがあるんじゃないかと思ったんです。流行にあえて乗らないというか、この時代はこういう作品が流行っていたというのを批評的立場から再検証するみたいな感じで、「一歩引いた目で見ているぜ、俺は」というカッコ良さ……僕が思っているだけですかねこれ。

遠藤君といえば、連載の最終話でド嬢に対する「気持ち」が垣間見えていました。そのことは、連載当初から想定して描かれていましたか?

施川本人の口からは言わせないにしても、それは第1話を描き始めた時点で既に、図書委員の長谷川さんが「彼はド嬢のストーカー」と言っていますからね。端から見れば大体バレバレなんですよ。
結局『バーナード嬢曰く。』は、「こういう生活・青春いいよね」みたいなすごくわかりやすい話として描いたつもりです。図書室という閉じた世界のなかで、周りに本好きの女の子がいるという「ハーレム漫画」として見れないこともないですからね。