一次創作同人誌即売会「コミティア」で開催された第一回モーツー×ITAN即日新人賞で見事大賞を受賞し、華々しいデビューを飾った詩原ヒロ先生。その自由奔放な作風の魅力から先生の熱い郷土愛に至るまで、様々なことをお聞きしました!


「田舎には漫画とゲームしか無いんです」

まず、漫画との出会いについて教えて下さい。

詩原ヒロ先生(以下詩原)小さい頃は『なかよし』や『りぼん』といった少女漫画雑誌を読んだり、他には学年誌なども読んでいました。そのうちに『週刊少年ジャンプ』を読むようになり、それが高校生くらいまででしょうか。初めて読んだ漫画は前嶋昭人先生の『ハニ太郎です。』というやはり児童向けのホラーギャグ作品だったのですが、それが私の漫画のルーツといえるかもしれません。

漫画を描くことに興味を持ったのはいつ頃でしょう?

詩原当然子供の遊びのようなものでしたが、やはり小学生の頃からですね。当時描いていたのは亀が主人公の海に住む生き物を喋らせるだけの漫画でしたが、結構たくさん描いていましたね。

その後はどういった漫画を描いていましたか?

詩原私は東北の出身なんですが、漫画以外の娯楽となるとテレビゲームくらいしか無かったんですよ。そのせいもあってか、中学三年くらいの頃からはスマブラの漫画を描いていましたね。その漫画は当時運営していたウェブサイトに載せていたんですが、大学生になって閉鎖するまで続けていました。スマブラに登場するキャラクターのことをもっとよく知るためにそのキャラクターが登場するゲームを片っ端から買ったりして、親にテレビを取り上げられたこともあります(笑)。

ゲームを題材にして漫画を描いていた人って結構いらっしゃいますよね。

詩原私はいわゆる『ドラクエ四コマ』で育った世代なんですが、それに触発されてゲーム漫画を描きたくなったというのはあると思います。私に限った話ではなく、あの先生方の四コマに影響された漫画描きというのはプロにもアマにも多くいらっしゃるのではないでしょうか。

その後の漫画との付き合い方はどうなりましたか?

詩原私は漫画の勉強をするために関西の芸大に行ったんですが、そのタイミングで実家を離れたのでジャンプを読まなくなりましたね。その代わりに方向性が真反対の『エロティクス・エフ』や『アックス』を読むようになったんですが、学校の忙しさもあってそれ以外の雑誌をほとんど読まなくなってしまいましたね。

大学ではどのような漫画を描いていましたか?

詩原『乙女日和』というタイトルで……平たく言うといわゆる『女の子の日』の話なんですけど、それが初めて最初から最後まで描ききった作品ですね。大学の同期はその時点で漫画賞を受賞したり、既に単行本を出している人もいたりしたので、卒業する頃に「このままじゃヤバい!」という焦りから勢いでエロティクス・エフに投稿したんですけれど、そのままバーンと返ってきました。
他にはもう一つ、卒業制作で『姉さんと俺』という思春期の男の子とそれをからかう姉の話を描いたんですけど、その作品はどの雑誌に投稿すればいいのかが全くわからなかったので、それを学校の先生に相談したら「詩原さんの描く漫画はどんな雑誌に載るのか想像できないから、適当に投げてみなさい」というようなことを言われまして。それで延々考えた結果『ヤングガンガン』に投稿したんですが、それは5点満点のうち3と2しかないような微妙な結果でしたね……。大学卒業のタイミングで良い物を描いてデビュー、というのが理想的ですが、やはり現実は厳しいですね。

となると働きながら漫画を描く、という形になりますよね。

詩原仕方ないから就活をして普通の会社に就職をしたんですが、その会社が今でいうブラック企業で漫画を描く暇がまったく無くなってしまったので、一年くらいで辞めてアルバイトをしながら漫画を描くようになりました。コミティアに出始めたのもその頃です。
大学ではキャラクター造形学科という学科に在籍していたので漫画と同時にゲームの勉強も一緒にしていて、当時の私は「漫画で生活するってかなり厳しいぞ」ということを感じていて、最初はゲーム会社に就職しようと考えていたんですよ。でも結局ゲーム会社には就職できなくて、「どうしようかなぁ」ということを考えているうちに漫画に戻ってきていた、という感じですね。

詩原先生とコミティアの関係について詳しく教えて下さい。

詩原初めてサークル参加したコミティアは2011年のコミティア96ですね。その後コミティア97で発表した『姉さんと俺』が見本誌読書会で人気投票一位を頂きまして、それをきっかけに漫画で食べていこう、ということを決めたんだと思います。

商業誌デビューに繋がったのもコミティアの企画でしたね。

詩原 この話が結構長いんですよ。2013年のコミティア103で開催された「モーツー×ITAN即日新人賞」という企画で受賞してデビューに至ったんですが、実はその話を聞く前に元々『ITAN』の方に声を掛けられていまして。でもそれだけでいきなり雑誌に載せてもらえるということはなくて、やはり新人賞を取らないとデビューすることはできないという暗黙の了解のようなものがあるんですね。だからそのために新人賞に出すための作品を描かなきゃいけなくなったんですけど、アルバイトをしながらの執筆だったので連絡もマチマチでした。そうこうしているうちに別の出版社の『ゴーゴーバンチ』の方から「並行作業でも大丈夫なので、うちで描いてみませんか」というお誘いがありまして。話を聞くとゴーゴーバンチでは賞を取らなくても掲載できるらしく、それじゃあやってみようかな、ということで二本の作品を描いていました。このタイミングで『ナイショの戸黒さん』が生まれるのですが、そのお話はまた後ほど……。
その後にITANの賞に応募するための原稿が描けたので『描けたぞ!そりゃ!』と投稿したんですが、これがなんと箸にも棒にもかからずにそのまま落選しまして……。当時の担当の方にも「なんかすみませんでした」と謝られてしまって。そうしたらITANの編集部から「次回のコミティアで即日新人賞という企画をやるので、もしよければそちらの方に出してみてはどうでしょう」ということを言われたんですね。最初は賞に落ちたばかりだったのであまり気乗りがしなかったんですが、コミティア代表の中村公彦さんから「出してみたらどうですか」という連絡が何故か来まして。そこまで言われたら出すしかないなということで、その時のコミティアで発表した『山谷さんのヒミツ』と『住人102号室』を出してみたら、ありがたいことに大賞を頂いてようやくデビューすることができました。

雑誌の担当はどんな方ですか?

詩原ゴーゴーバンチの方は新人編集の方に担当して頂いています。お互い初めての仕事なので毎回試行錯誤しながら進めています。最初の方は作画云々でぶつかることもあったんですが、最近ではそういうことはほとんど無いですね。
逆にモーニング・ツーの担当の方は10年以上続けているベテランの方で、作家の扱いを心得ているといった感じの方です。

打ち合わせなどはどういった方法で行っているのでしょうか?

詩原基本的には電話ですね。先にメールでプロットやネームを画像データで送って、お互いにその画像を見ながら打ち合わせをしています。モーニング・ツーの担当に会うのは原稿が一段落ついた時に一緒に食事をするくらいであまり直接会う機会は無いのですが、ゴーゴーバンチの担当はほとんど毎回コミティアのスペースにいらっしゃるので、その時に顔を合わせています。打ち合せというほどではないですが(笑)