イカツイ軍人たちがお菓子その他諸々を求めて買い物にやってくる、非武装地帯のコンビニの日常を描いた『コンビニDMZ』の作者であり、突如現代に開いた扉の先の異世界でドラゴンを倒す自衛隊の活躍を描く現在連載中の『ゲート自衛隊彼の地にて斯く戦えり』(以下『ゲート』。原作:柳内たくみ)にて作画を担当している、竿尾悟先生のロングインタビュー。
『迷彩君』をはじめとした「ミリタリー専門漫画家」とも言える竿尾先生の作品は現在まで発行している8作品中7作品がミリタリーものですが、日常と非日常が絶妙に入り混じったストーリーで専門知識がなくても面白く読めてしまうのが特徴です。そんなミリタリー魂を貫く竿尾先生に、マンガラボが突撃取材!

1章:幼稚園の頃から戦艦を描いていた!
2章:ミリタリーへの熱い想い
3章:「好きなものを描いていいよ」 担当さんとの並々ならぬ信頼関係
4章:自衛隊がドラゴンを倒す!? 『ゲート 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり』


幼稚園の頃から戦艦を描いていた!

初めて本格的に漫画を描き始めたのはいつごろでしょうか?また、そのキッカケは?

竿尾悟(以下竿尾) 高3のときですかね。元々漫画が好きで。つけペンなどの道具を使うまではノートに漫画を描いていました。小6くらいからですね。最初はつけペンの使い方もわからなくて、ペン軸にインクいれたんですよ(笑) もうインクがドバーと紙に出まして……中高生でも、漫画家目指す子は普通に使えると思うんですけどね(笑)

なんとも衝撃的な幕開けですね(笑)!ミリタリーは、元々小さい頃からお好きだったのでしょうか?

竿尾 そうですね。キッカケはよくわかりませんが、いつの間にか。まぁ、祖父が軍人だったので、ガダルカナルの方へ行っていたとか、そんな話を昔よく聞いていました。あと幼稚園の頃から、戦艦の絵を描いたりしていましたね。ガキンチョの描くような絵ですけど。粘土で戦闘機つくったりとか。

幼稚園で戦艦を描く子は、なかなかいないのでは(笑) 漫画というジャンルへ入っていったのは、やはりミリタリー漫画を読んだからなのでしょうか?

竿尾 そうですね。やっぱり小林源文先生の漫画ですかね。『黒騎士物語』とか、最近だと、『キャットシットワン』とか。そういった、ミリタリー漫画の第一人者の漫画を見てからですね。中学生の頃、今はもう無いんですけど、小林源文先生が連載していた「コンバットコミック」という月刊誌がありまして。最初に漫画を投稿したのはそこでした。

結果はいかがでしたか?

竿尾 佳作をいただきました。そのあと読み切りを2本ほど描いたのですが、編集部が替わって音沙汰がなくなり、雑誌も無くなってしまって……大学生のときです。卒業してからは、1年もしていませんがアシスタントをしていました。

アシスタント先はどのように見つけたのでしょうか。

竿尾 当時行っていた画材屋に漫画の専門コーナーがあって、そこにチラシが出ていたんですよ。メインで背景を描かれていた方へ連絡しまして。月刊チャンピオンで連載していた、藤井克己先生の『鬼組』という漫画のところにアシスタントに入って背景を描いていました。

雑誌にはアシスタント募集のページがありますが、そうしたカタチでの募集があったとは驚きです。アシスタント経験があるとのことですが、竿尾先生のデッサン力の高さから、絵の練習方法が気になります。

竿尾 大学時代は、講義中にずっと落書きをしていました(笑) 特に練習とか考えずに、メカとかではなく女の子ばかり。絵を専門的に習ったことはなく、独学です。ポーズ集とか買いはじめたのも最近です。買ってもあんまり使ってないんですけどね。

先生の描く女の子は「健康的なエロさ」があり非常に可愛いと、ラボメンの中で話が出ています。……女の子を描く際のこだわりなどはありますか?

竿尾 全然「萌え」じゃないでしょ?(笑) 一部では古臭い絵といった意見もありますが。そうですね、胸とか腰のライン、くびれとかはこだわっていますね。実際の写真を参考に、ということはあまりしていないです。常日頃培った落書きの経験で。

では、ひたすら絵をたくさん描くということが画力アップにつながるということでしょうか?

竿尾 そうですね。背景とかも、写真のとおり描けばいいのにとか思っているんですけどね。最近たまにアシスタントさんにも描いてもらうんですけど、なんで写真のとおり描けないんだって思ったりしますね(笑) 写真を読み解く能力じゃないでしょうか。アシスタントに描かせたら、やっぱり「マンガの背景」っぽくなってしまうんですよ。省略してしまったり、窓の幅とかが広かったり。それがどうも……

先生としては写実的に描きたいということですね。先生自身も写真を見て背景の練習をされていたのでしょうか?

竿尾 というより漫画の中は、写真見ながら描いてる背景ばかりです。『コンビニDMZ』のときは、検索で探してきた写真を参考にしていました。海外の紛争の写真です。海外に取材に行ったことはなくて、旅行で行ったグアムしか行ったことがないので(笑)