単行本発売間近!その他の作品について

現在、アルティマエースで連載されていた『名探偵部このあとすぐ!』、BELOVEの『ナビガトリア』、アニメディアで連載中の花澤香菜さんを描いた『かながたり』など、様々な媒体でご活躍中です。それぞれ連載を持つようになった経緯を教えてください。

アサダすべて、『しょんぼり』を読んでもらってお声をかけていただきました。『かながたり』の場合は、同じアルティマエースと同じ出版社だったのと、花澤さんのマネージャーさんがたまたま『しょんぼり』を読んでいたということでお声をかけていただきました。

それぞれジャンルがまったく違いますが、頭の切り替えは大変ではないですか?

アサダ かえって、それぞれが気分転換になっています。全部が少女漫画だったら大変だったと思いますね(笑) 少女漫画で思いついたネタは、全部『しょんぼり』に使いたいと思っていますし。

『ナビガトリア』はご出身である島根県が舞台であり、島根のご当地ネタが物語と結びついていく展開が素晴らしいです。ストーリーを作ってからご当地ネタをからめるのか、それともネタが先にあってストーリーを作っていくのでしょうか?

アサダストーリーが先ですね。観光地がいっぱい出てくるわけでも、島根ならではの話というわけでもないので。それに方言を変えれば、全国どこの地方でも差し替えられるような話にしたかったので、ご当地ネタはアクセントくらいの気持ちで使っています。
ただ、単行本の最後の話では、さすがに島根漫画としてこのまま小ネタだけで終わったらあれかなと思いまして、島根で一番有名な「あそこ」に行くことにしました(笑)

『かながたり』の作業行程はどうなっていますか?

アサダまず花澤さんから直接お話を聞いて、テープとメモに起こしてもらったものをもとに、漫画を描かせていただいております。その中で分からなかったものは、マネージャーさんを通して確認しています。

原作や「ここを描いて欲しい」という指定があるわけではなく、先生の判断で?

アサダそうですね、お話の中で特にここを描きたいと思ったところを漫画にしています。プロの方なので話がどれも面白いので、毎回どうやって1ページにまとめるか悩んでいます。あと、花澤さんがかわいすぎるので、見とれていたらメモを取るのを忘れてしまったりして(笑) 本当に素敵な方なので、花澤さんの良さを「より」伝えたいなと思いながら描いております!

最後にファンの方にメッセージを!

アサダいつも読んでくださって、本当にありがとうございます! 楽しく描いたものを、楽しく読んでいただくのが一番だと思って描いております。それと、4月に 『青春しょんぼりクラブ』の5巻、『名探偵部このあとすぐ!』、『ナビガトリア』の3冊の同時発売を予定しておりますので、そちらの方もどうぞよろしくお願いいたします!

 

asada_sign

 


せんちゃん(眉ほそ)あたたメモ
同人が出身の作家さんは、ここ最近特に目立ってきているように感じます。しかもその「漫画力」の高さには驚かされるばかり! 同人文化は今後も陰に陽に、漫画業界を支えていってくれるのでしょうね。


 

文責:あたた(@atatakeuchi)

取材協力:モトキ

●こちらのインタビューもオススメ!●

第10回 雲田はるこ先生インタビュー 【昭和元禄落語心中】

第24回 水谷フーカ先生インタビュー【14歳の恋/満ちても欠けても】

第29回平尾アウリ先生インタビュー【まんがの作り方/センセイと僕etc……】