古今東西ありとあらゆる作品をネタにし、大暴走を続け3巻で完結した超絶パロディギャグ『めがらにか』「ノンストップSFエロギャグバトルラブコメディ(書いてて長いと思うけど、ホントにこのまんまの内容!)」な『サディスティックフルロマンス』の作者、高槻ナギー先生ロングインタビュー。紆余曲折の漫画家人生は、涙なしには語れない!?

タイムリミットは1年間。毎月の作品投稿で連載デビュー!?

漫画・アニメとの出会いはいつ頃ですか?

高槻ウチの親父は、『サディスティックフルロマンス』1巻の帯から受ける印象そのままの人でして(笑)、

ちなみにこちらがその帯。

厳しいなんてもんじゃなかったです。僕は中学に入るまでは、アニメは禁止でした。映画もダメでしたね。相当頼み込んで、ようやっとドラえもんの劇場版が観れたぐらいです。ところが中学に入ってから、親父の仕事に入る時間帯が変わったおかげで、夜のご飯を食べている間だけアニメが観れるようになったんです。1番最初にハマったのが『天空戦記シュラト』です。そこからアニメ雑誌を買うようになりましたね。漫画の方で1番最初にハマったのは、麻宮騎亜先生の『サイレントメビウス』。絵の精密さと設定、それに美少女モノにもかかわらず、ハードな展開にカルチャーショックを受けました。今まで何もなかった分、一気に生活がアニメと漫画で埋まった感じになりました。隠れキリシタンのように欲求が溜まっていたようで、適度にアニメを見ていたらそこまではならなかったと思います。なんでもかんでも禁止・規制すればいいってもんじゃないですね(笑) そこから自分でも漫画を描くようになり、大学ノートに1日1ページ漫画を、中学3年間ずっと描き続けていました。

高校や大学はどのような活動をしていましたか?

高槻中学がほとんど漫画しか描いていないような生活だったので、当時の担任の先生から美術に特化した高校を勧められました。その高校で知り合った唯一の漫画友達が、今でも仲の良い漫画家仲間のナカG君だったんです。当時、彼の絵をパッと見て「こいつは天才だ、友達にならないと」と思いましたね。

ナカG先生とはお互いの漫画を見せあったりしていたのでしょうか?

高槻当時も1ページ漫画を、よく授業中に描いていたのでよく見せあっていました。ネタは、主に学校内の内輪ネタでしたね。
高校を出てからは、とある専門学校に入学したのですが、イラスト学科でしたので漫画とは無縁の授業でした。衝撃だったのが、在校生のほとんどが「授業を受けてれば卒業後プロデビュー出来る」と思ってる事でした。
当時は気づかなかったのですが、専門学校のほとんどの生徒が課金兵なんです。課金兵は言い過ぎかも知れませんが「本気」の人以外はそういう扱いになってしまいます。せっかく学校に意見を聞ける先生が居るんですから、授業以外の漫画やネームをどんどん描いてどんどん意見を聞く方が賢い専門学校生活だと思います。それに専門学校に通ってなくても、月1本漫画を完成させられれば、その辺の授業を受けるより何倍も得るものがあると思います。

専門学校に行きさえすればデビューできるほど甘い世界ではないと。それではデビューまでの経緯を教えてください。

高槻漫画家を目指す直接のきっかけになったのが、小学生の頃から飼っていて、もう兄弟同然の気持ちだった飼い犬が、20歳ぐらいのときに死んでしまったんです。ほっといたら治るだろうと思っていたら、フィラリアという心臓に寄生する犬特有の病気に罹っていたんです。犬が元気になると、虫も元気になるので餌をやるなと医者に止められてしまった。ところが、餌が欲しいときはお手をするようにと躾ていたので、ぐったりしながらずっとお手をするんですよね。ガリガリにやせ細っていくのをみながら、それでも長く生きて欲しいという一心だったんですが、最後病院に行ったときは「もう間に合わない」と言われてしまいました。
死ぬのを看取りながら、「死」ってあっけないなと思うのと、「あのときああしてやれば」と色々後悔したんです。それで自分の人生も振り返って考えてみると、このまま後で後悔するような生き方をするのは嫌だと思ったんです。

それで、自分のなりたかった漫画家を目指すことに?

高槻僕は最初、イラストを描く仕事がしたかったんです。ところが当時は、イラストレーターという仕事も少なく、どうやったらなれるのかもわかりませんでした。それなら漫画家として大成すれば、イラストの仕事もくるのではと思い、まず漫画家になろうと思いました。
漫画家になりたいと思ったところで自分の中で掲げた目標が、毎月1本作品を描いて投稿するということです。投稿先は、結果がすぐわかるということで、毎月講評をやっている雑誌を選びました。そこで毎月30~50pくらい描いていましたね。

それはすごいペースですね!親御さんの反応は?

高槻それはもう大反対。最初、親に何も言わずにバイトを辞めたんです。完全ニートな生活でひたすら漫画を描いていたのですが、半年ぐらいで親父がついに我慢できなくなってしまい。いきなり呼び出されて座らされ、「ホントに漫画家になれると思っているのか。なれるわけないやろ!」と親父に怒鳴られました。僕は「とにかく1年だけやらしてください」と頼み込みました。すでに半年終わっているので、残り半年頑張らせてくださいと。それで気が済むならと、きっちり話をつけたら納得してくれました。

1年間というのは、相当厳しいタイムリミットです。

高槻本当にギリギリで危なかったです。その分、漫画に魂はこもったような気がします。
それで、毎月佳作しか取れていなかったんですが、大体10ヶ月目ぐらいに担当が付くことになりました。なぜ担当が付いたかというと、毎月のコンスタントな生産量を評価してもらえたんです。スピード的には連載するのも問題ないし、ちょうど枠が空いたということで、その1ヶ月後くらいにはすぐさま連載デビューという形になりました。
1番喜んだのは、むしろ両親でした。今はうちの親父が、多分1番の僕のファンです。単行本を買うときに、「ウチの息子が描いています」と言いながら買うんですよ(笑) 高槻のアニメイトでは、変なじいさんが、自分の息子が描いていると言いながら美少女漫画を買っていくということで有名です(笑)

絵面はシュールな気がしますが(笑)、感動的な親子エピソードです!

自分でも気付かなかった、「ギャグ」の才能

デビュー後は、様々な雑誌で連載経験をお持ちですが……

高槻初連載が終わったタイミングで、実際に担当に会って打ち合わせをしていければと思い、上京したんです。そしたら、出すアイディア出すアイディアが全てボツ。貯金もどんどん尽きていって、更にマズイことにオンラインゲームにハマってしまい……どうしようもない貧乏生活をしていました。

『めがらにか』の半ドキュメンタリー回では、1日200円の食生活だったという衝撃のエピソードが……

高槻作中通り、ネギをコップで栽培していました(笑) それで、1日1食で生活していましたね。一合ご飯を炊いて、半分にして2日分。スーパーで買った80円のチキンカツと、納豆に育てていたネギを刻んで入れたものをおかずにしていました。お腹が減ったら水を飲んでごまかしていたので、あの頃はガリガリに痩せていましたね……
いい加減まずいと思った頃、mixiが流行りだしていたんです。あの中には色んなコミュニティがあるじゃないですか。あらゆるイラストや漫画募集をやっているコミュニティにコメントを書きまくりましたね。その頃からHPでも、頻繁に自分の絵を載せるようにしました。

その後描いた作品では、シリアスの『女神のカルナバル』、ギャグの『めがらにか』、エロコメディな『ミルクティースキャンダル』と、様々なジャンルにチャレンジされています。

高槻僕は本当は、シリアスな漫画が好きなんです。『サイレントメビウス』から入ったというのもあったので、そっち方面まっしぐらだったんです。ところが友達のナカG君と高校生のときやりとりしてた漫画は、ギャグだったんですよ。
「ナギーは、絶対ギャグのほうが面白い。次は必ずギャグを描け」と言われていたので、気分転換も兼ねて『めがらにか』を始めたんです。当時の連載先の編集長が、『ガム』の編集長に移動したおかげで連載が回ってきたのですが、「何を描きたい?」と言われ、「もしかしたらギャグでもいけるかもしれません」ということで、一発描かせてもらいました。
そうしたところ、巻数は3巻で終わったとはいえ、今までよりも確実に単行本は売れましたし、名前も少しは広まったんです。

自分でも思ってもみなかった才能を、ナカG先生に「発見」されたのですね!
それではエロ方面についてもお聞きしたいのですが、2008年頃から18禁による同人活動を始められております。きっかけはなんだったのでしょうか?

高槻現在『氷菓』のコミカライズを担当されているタスクオーナ先生に、「漫画家はとにかくメディアに出続けることが大事」だとアドバイスされたんです。その中でも1番簡単なのが、同人即売会に毎回必ず出ること。編集の方にも、自分はまだ漫画を描いていますよというアピールにもなるので、やんなきゃダメだと。それに「ナギーさんの絵は可愛いので、エロを描いたら結構売れるんじゃないか」と言われ、目がくらんで始めてしまいました(笑)

結果はどうでしたか?

高槻同人誌に限っていえば大爆死でした……いまですら、印刷代よりも稼いだことがないんです。
そのかわり、同人活動を始めてから急に、エロ方面の編集さんから「ウチで描きませんか」と声を掛けられることが増えました。その中から実際に、『ミルクティースキャンダル』という仕事につながりました。ですので、タスクオーナ先生には足を向けて寝られませんね。


ページ 1 ページ 2