現在ヤングチャンピオン烈にて連載中の「女子高生×バイク」な漫画さくひん『ばくおん!!』。一見すると、萌え要素満載の日常ものに見えますが、その実コアなマニアをもうならせるネタが満載の本格派バイク漫画でもあり、バイクファンを中心に各所で話題になっています。
しかし作者であるおりもとみまな先生の経歴は、決して平坦なものではありませんでした。生き馬の目を抜く同人業界を駆け抜け、一般向けと成年誌の間を渡り歩き……今回は、そんな先生が歩んだ道のりを順に辿りつつ、先生の中で変わったもの、それでも変わらず抱き続けたものは何であったのか?を探ります!


はじめて本格的に漫画を描いたのはいつ頃ですか?

おりもと高校生の頃です。高校にマン研がなかったもので、絵のうまい友人と見せ合うくらいのものでした。記憶が定かではないのですが、一番最初にちゃんと描いたマンガは「サ●バーボッツ」という格闘ゲームのデビ●ット姫がHなタコに襲われるという4ページのマンガだったと思います。のっけからエロ漫画を描いたわりには、「究極のエロ漫画とは、局部を描かずにエロを描くことなり」とカッコつけて乳首すら描きませんでしたが、今考えたら恥ずかしかったんでしょうね。高校生でしたから。

アマチュア時代は、漫画の描き方はどのようにして覚えていきましたか?

おりもとコミケや秋葉原の虎の穴(当時は2部屋しかない同人誌古本の店)で手に入れたエロ同人誌を真似てました。その同人誌の作者は今も結構有名な方なんですが、昔の絵は結構、ザツというか、ペンに勢いはあるけど同人誌特有の手抜き感があって、「ああ、こんな感じでいいんだ」と。あとはあさりよしとお先生のワッハマンの絵を真似てました。ただ、僕は勢いのある線を描こうとするわりに、ホワイトの使い方を知らなかったので、線がはみ出しまくりの汚い絵ばかり描いてましたね。
その頃は普通にド下手な部類だったと思いますが、自分では「俺は絵がうまい」なんて思ってたのだから、困りものでしたね。

大学時代はどんな部活、サークルに入っていましたか。また、そこではどんな活動をしていましたか?

おりもと大学に入って、やっと漫画研究会に入ることができて。その漫研は、商業プロを目指してる人がいたり、うまい人も多かったんですが、健全指向だったんです。そこでは2ヶ月に1冊くらいでコピーの部誌を作るんですけど、ちゃんと描いてたのは最初の数回だけで、後にはイラスト一枚とかの寄稿で済ませるようになってしまって。なぜかっていうと、僕エロ漫画が描きたかったんですね。その20人くらいいるサークルにエロ漫画を書く人が僕含めて2人くらいしかいなかった。なんか、健全なマンガを描くことに意味を見出せなかった。あとから考えてみれば、漫研で漫画を描くってのは、ただのコミュニケーションの一環だったんですね。

商業活動以前に、かなり積極的に同人活動を行っていたようです。同人活動を始めたきっかけはなんですか?

おりもと大学漫研のメンバーの数名がコミケでスペースを取っていたので、そこに委託させてもらう感じで始まりました。それが97年のことで、まだマンガがアナログ全盛だった時代に、フォトショップのブラシ塗り+ハーフトーンで仕上げたマンガが珍しかったのか、持ち込み60冊全部売れまして「おや、これはいけるんじゃね?」と手応えを感じました。ただ、客観的に見ても当時の絵は下手でした。次のコミケからは自分でスペースを取り、いきなり無謀にもオフセットで500冊刷ったりしましたが、当時は同人書店が結構たくさんあったので、そういうところに回して在庫が残るということはなかったですね。当時の同人バブルに乗れたのは運が良かったです。

同心活動を通して学んだこと、今でも役立っていることはありますか?

おりもと「同人界にはすべての商業原理が当てはまる」とは誰の言った言葉でしたか、忘れましたが、今の売れている同人誌は本当にビジネスになってますね。今はすっかり商業……しかも健全マンガの作家になってしまいましたが、魂はずっと同人作家です。この世に描いていけないものなど無いし、自分の描きたいと思ったものだけを描けばいい。そして商業が嫌になったらスッパリやめて、またエロ同人の世界で戦いたい。
これは商業マンガであっても誰の指図も受けないという、そういう覚悟に役立ってると思います。

商業誌でデビューしたきっかけを教えてください。

おりもと一番最初に商業の話が来たのは、コアマガジンのコミックメガストアでした。ただ、コミックメガストアのレベルの高さに恐れをなして僕が逃げたので話が立ち消えになりました。その次にコミックパピポから依頼がきまして、パピポの献本を読んで失礼ながら「まぁこのくらいだったら、埋もれないかも」と、パピポでデビューしました。結果は散々でしたけども。
ただ、当時はまだ同人誌が売れてたので、大方のエロ漫画作家と同様、商業誌は同人誌の宣伝という感じに考えてました。

商業漫画家としてやっていこうと決断したときはありますか?

おりもと今は『ばくおん!!』の単行本がちょっと売れてて、貯金が増えてる状態ですが、通常、月に20Pとかの連載では貯金が減って行きます。今まで同人誌で築いた貯金を目減りさせてるようなもんですから。だから今でも僕は商業作家でやっていこうという決断はしてません。ただ、状況が商業作家というだけです。

成年向けでの活動が中心だった中、一般誌での初連載作『魔法少女猫X』では、連載中どのような苦労がありましたか?

おりもと自分がイメージしてる壮大な話と、実際に生み出されるネームとのギャップでしょうか。当時は物事に対する知識や経験も足りず、画力も相当足りなかったと思います。持ち合わせていたのは物事を斜に構えて見る視点だけ。アシスタントを自分の知り合いだけでやってもらっていたので、文句も付けられませんし、背景やモブのレベルも高くありませんでした。志は高いが実力は伴わない。普通の若者の苦悩を体験しました。かなり厳しい一年でしたが、学んだことがひとつあります。
「漫画で一番大事なことは、売りやすいパッケージング」

『魔法少女猫X』連載終了ののち、一度成年向けに戻られた後、再び『メイドいんジャパン』で一般誌で執筆されるようになります。そのときの経緯を詳しく教えてください。

おりもと飲み会で出会った方がコアマガジンのメガストアで描いていて、その担当さんが、一番最初に僕に話を持ってきた方だというので、「ぜひメガストアで描きたい」と伝えてもらいました。そのおかげでやっとメガストアデビューとなりました。その方がバイクマニアだというのと、僕がふたなり好きなので、「お前の大好きなバイクを汚してやる~!」という嫌がらせで、ふたなりっ娘がバイクのタンクにオナホールをつけて走る漫画を描きました。そこからしばらくエロ漫画を描いておりましたが、秋田書店のチャンピオンREDいちごからお呼びがかかって、今流行の女装メイドを描くことになるわけです。しかしながら「いかに面白く寸止めをするか」という微エロ漫画と、「エロシーンが足りないから4ページ増やしましょう」というエロ漫画では頭の切り替えがどうしてもできず、エロ漫画の方は一時中断しました。

『メイドいんジャパン』は、「自分の描きたかったことをほぼ描ききれた作品」とおっしゃっていましたが、現在の先生にとって「メイド~」はどういった位置付けになるのでしょうか?

おりもとメイドいんジャパンの開始時に作った構想を過不足無く描けたということですね。人気が怪しい漫画だとちゃんと終わることすら難しいのがマンガ業界ですから、最後まで描かせてもらえたことはありがたかったです。とにかくメイドいんジャパンは僕が初めてちゃんと完結させた漫画になったんですが、やっぱり一番はちゃんと、「意識して読者を楽しませられたこと。」これに尽きると思います。

⇒インタビュー後編では『ばくおん!!』の創作現場に迫る!!


ページ 1 ページ 2