日坂先生の作品は、ひとたび雑誌で目にすれば2度と忘れなれないはずだ。掲載誌は青年向けながら、少女漫画を思わせる豊かな心理・感情表現。筆によって、ときに大胆、ときに繊細に描かれる画面。そしてなにより、深く深く掘り下げたれたメガネッ娘描写……
「日坂水柯」名義のデビュー作が、自身の同人作品をまとめた単行本と経歴も異色な先生に、ここまでの道のりから創作の秘密まで、じっくりとお聞きしました!


息抜きのはずの同人活動が再デビューのきっかけに!?

先生の作品は、青年向けの雑誌に載りながらも演出面で少女漫画的な要素も取り込まれており、一体どういった経緯を辿って現在の作風になったのかが気になります。というわけでまずは、どんな作品が好きだったかというところから教えてください。

日坂水柯先生(以下日坂)原点としては、小学生の頃に「りぼん」とか「なかよし」といった少女漫画をずっと読んでいました。現在でもずっと大好きな、当時「なかよし」で描かれていた竹本泉先生のファンになり、小学校高学年の頃に高橋留美子先生の漫画にハマって、少年誌なども読むようにもなりました。中学高校の頃はいわゆる白泉社系、「LaLa」や「花とゆめ」も読んでいて、川原泉先生や成田美名子先生、ひかわきょうこ先生などは今でも大好きな作家さん達ですね。

本格的に漫画を描き始めたのはいつ頃ですか?

日坂中学生の頃に、二次創作の同人誌を作ることになって描いたのが始まりだったと思います。留美子先生作品の二次創作でした(笑) 年に何回かある、地方の規模が小さい即売会に出ていました。

同人活動を知ったきっかけは?

日坂小学校高学年の頃からアニメ雑誌を買っていたんですが、当時は同人誌の紹介や同人イベントの日程が載っているコーナーがあったんです。そこで「プロじゃない普通の人でも、そうやって作品を出しているんだ」というのを知りました。一般参加したのは1、2回ぐらいで、すぐサークル参加し始めました。田舎に住んでいたせいで会場に行くのも大変で、それならいっそ自分で作ってサークル参加したほうがいいかなと思いまして。既にサークル参加されている方と連絡をとって、そちらに原稿を描いて載せてもらっていました。

かなり早い時期から作品として漫画をお描きになっていたようですね。それでは、プロの漫画家になろう!と思ったのはいつ頃ですか?

日坂中学高校とずっと漫画を描いていて、だんだん二次創作では飽きたりなくなり、オリジナル漫画をちょこちょこと描き始めました。出版社に投稿し始めたのは社会人になってからです。ある少女誌に投稿して賞を頂いたこともあったんですが、結局何回投稿しても担当さんが付かなかったんです。その当時、投稿するといろんな項目にチェックを入れて評価してくれる紙が返ってくるという制度があったんですが、「ウチの雑誌に合っているか」という項目に、チェックではなく 「?」というマークが付けられていたんです。
「ここにずっと投稿していても望みがないんだな」というのがそれでわかって、今度は学研の少年誌に投稿するようになったんですが、そこの編集さんにも「あなたの作風がうちの雑誌と合うかわからない……」と言われてしまったんです(笑) ただその少年誌と別系列の、それは「アニメディア」というアニメ誌の増刊で「ぽっけ」という雑誌だったのですが、そちらを紹介してもらって原稿を見て頂くことになり、その後新人賞の佳作を頂きましてデビュー、という形になりました。

それが「谷村ゆず」名義としてのデビュー作になるんですね。

日坂そうです。「谷村ゆず」でデビューし2年半ほど描かせて頂いたんですけど、描いていた雑誌「ぽっけ」が休刊をしてしまい……こうなったらどこでも良いから持ち込みに行こう!と良いと思った雑誌には片っ端から持ち込みをしたんですが、まったく使ってもらえませんでした。イタズラに時間を潰し、世の中にまったく作品を発表できずに何年も過ぎてしまった時期がありました。

その状況を打開できるようになったきっかけはなんだったのでしょうか。

日坂デビュー前、商業に投稿するようになってからは止めていた同人活動を再開したことが大きいですね。持ち込みだけだと、持ち込み先の編集さんにしか漫画を読んでもらえない訳です。その人ひとりだけにしか読んでもらえない漫画をずっと描くという状態にかなりまいってしまっていたので、とにかく人前に出て漫画を見てもらうという機会をどうしても作らないといけないと思ったんです。それなら持ち込みと並行して同人誌をやるしかないなと考えて。

出来るだけ人に手にとってもらいたかったということだと思われます。そこで、生々しい話にはなってしまうのですが、具体的な部数はどれくらいだったのでしょうか……?

日坂コミケやコミティアに参加するようになったんですが、地方在住のせいでサークルとして直接参加するのが難しく、コミティアの方には委託で参加させて頂いてました。そのときは1種10冊ぐらいから始めて、それが全部売れて「わーいやった!」と素直に喜んでいました(笑) ゆっくりながらもだんだんとご贔屓さんが増え、10部が20部という風に少しずつ少しずつ増えていったという感じです。
作風的に、たくさん売れる訳ではないというのは自分でもよく分かっていたんですが、それでもちゃんと発信し続けていれば、「これが好き」だと思ってくれる人が、どこかで必ず見つけてくれるんじゃないかという、変な確信があったんです。その人達にちゃんと伝われば良いなと思って描いていたので、部数については余り意識していませんでした。

出されていたサークルのスペースは青年向けだったのでしょうか?

日坂そうですね、「谷村ゆず」時代は掲載誌の読者層に合わせた、アニメや漫画の好きな中高生の女の子が読むような、少し不思議な日常系の漫画を描いていたのですが、青年向けなのに少女漫画テイストみたいな、今の作風になったのは同人からです。最初のデビューからかなり時間も経って、自分も既に十分に大人だったというのもあって、少年誌少女誌みたいなものを描くのはちょっとキツいなというのと(苦笑)、大人の人が出てくる漫画をずっと描きたいなと思っていたので、必然的な感じで青年向けの方で描くようになりましたね。

ところが、「日坂水柯」名義の初単行本はその同人誌の作品をまとめた『レンズのむこう』でした。その伝わった人の中に、なんとプロの編集さんが混ざっていたのですね!

日坂持ち込みでは、その雑誌の読者の事を考えて描かないといけないということが頭にあったんですけど、同人誌の方は純粋に自分の「描きたい」という気持ちで描いていたので、自分の中では本当に別物だと分けていたんです。だから同人誌で、商業誌の方に声を掛けて頂いて本を出すということがまさか自分に起こるなんて、当時は全く思っていませんでした。持ち込みで失った自信を回復するためというか、疲れた自分の気持ちを癒すために同人を描いていたので(笑)

具体的には、どのような経緯で発刊に至ったのでしょうか。

日坂コミティアで地味にちょこちょこと売っていたんですが、あるときコミティアのカタログに載っている「Frontview」というコーナーに載せて頂けたんです。それを白泉社の編集さんが目にして本を買ってくださり、「他の同人誌も読みたい」と私に声を掛けてくださったというのが最初のきっかけです。
今の作風でそのまま商業でやれるとは思ってもみませんでした。ご贔屓にしてくれる方はいらっしゃったんですけど、それは同人だから通用しているのであって、商業でできる訳がないと思っていました。当時持ち込みしていたところが本当に上手くいかなくて、自分が好きだし描きたいジャンルは商業的には受け入れられないんだ、需要がないんだという風に思い込んでいました。
その同人誌を本にしようというお話を頂いたので、本当にびっくりしてしまいました。「上に企画を通すよ」と言われて、そのまますんなり通ってしまい、決まるときはあっさり決まるんだなと(笑)

商業をまったく考えていなかった方が商業の方に拾われると(笑) その後、商業誌での連載デビューは『数学ガール』のコミカライズによってです。そちらの経緯も教えてください。

日坂単行本を出して頂いたあとも1年くらいは同人誌を続けていました。同人誌を本にして頂いたあとだったので、単行本が良い宣伝になったのか同人誌のお客さんがかなり増えましたね(笑)
とはいえやっぱり商業で引き続き漫画をやりたいという気持ちが強かったので、そろそろ並行して持ち込みしようと具体的な準備をしていて、2007年の夏コミで上京した際に人の紹介でメディアファクトリーの『数学ガール』を担当してくださった編集さんとお会いすることができたんです。偶然ですが、その編集さんは以前から私の単行本を読んでくださっていたことが解りまして。名刺を頂き、1ヶ月後ぐらいにネームが完成したので見て欲しいという連絡をこちらからした際に、その時に「実はコミカライズの企画を一つ上に通したので、作画を担当してみないか」とお話を振って頂いたんです。
担当さん的には、人に紹介される以前から私と仕事をしてみたいと思ってくださっていたそうです。同人誌をまとめた単行本しか出していなかったので、始めからオリジナルの連載という訳には行かないものの、何か良い企画があったら振りたいと思われていたらしいんです。そんな時にたまたま書店で手にとった『数学ガール』を読んだところ、「日坂さんが描いたらきっとこんな風になるんじゃないか」という絵が鮮明に浮かんで、私の作風がこの作品にはピッタリなんじゃないかとひらめいたそうです。それでコミカライズという形で仕事を振って頂くことになりました。

実際、コミカライズ版の『数学ガール』は重版につぐ重版となりました。その担当さんのファインプレーだったんですね!