日常を舞台に、非日常のキャラクターが織り成すギャグで読者をひきこむ、いわさきまさかず先生。漫画家になるまでの経緯や、漫画制作の過程、そして、実は六等身の女の子を描くことが苦手?!など、意外なお話もお聞かせいただいた。『コミック電撃だいおうじ』にて連載中の『あしたの今日子さん』4巻が発売です!


幼い頃の落書きが、今に至る

漫画を描き始めたきっかけを教えてください。

いわさきまさかず先生(以下いわさき)家族が絵や漫画を描いているのを見て始めました。小学生の頃は、登場するキャラが友達で構成されたパロディやロボットなどの漫画を描いて、クラスメイトに読んでもらっていましたね。よく主人公になっていたコウスケくんは、デビュー後の読み切りの主人公になったりと、手に馴染むほど描き続けてました(笑)。

同人活動をしていましたか?

いわさき興味がありませんでしたね……。読んでもらいたいという欲求があったら同人活動をしていたかもしれませんが、小学生から高校生まで、自分が漫画を描いている人だと周囲に知られていたので、読んでもらう環境があったんですよね。「つまらない」と言われたり、「また描いて」と言われて連載のようになったり……読まれて反応がくるという、担当さんにネームチェックされているのと同じ状況です(笑)。幼い頃のいたずら描きの延長が、今に至ったのだと思います。

漫画家を志したのはいつ頃でしょうか?

いわさき漫画家以外の職業に就くことを想像したことなかったので、なろうとしてなったというより、漫画家になるように成り果てた……という感じでしょうか。図工と家庭科をやるために学校に行き、ノートの端にパラパラ漫画を描き、卒業文集には漫画家になると書く、という学生生活を送り、自然と漫画の専門学校生になりましたね。

専門学校ではどのような学生生活を送りましたか?

いわさき4コマ漫画の原稿を仕上げたことはありましたが、詳細な漫画の描き方を知らなかったので、今までないくらい真面目に授業を受けていました。漫画とは直接関係ないような授業でも行っていましたね。僕にとっては、どれも図工の授業のようで楽しくて、綿が水を吸うように学んでいました。

出版社への持ち込みをしましたか?

いわさき専門学校を卒業してから描いたネームをアスキー・メディアワークスに持ち込みをして、「他社にも持ち込むといいよ」と言われて持ち込みましたが、惨敗して……、再度アスキー・メディアワークス持ち込みをしたんです。そしたら、「代行の原稿として仕上げてくれないか?」と連絡がきて、漫画家デビューすることになりました。ちなみに、持ち込み予約をした編集さんの名前を忘れてしまって、ピンチヒッターで来た方が、それからずっとお世話になっている担当さんです。

その後、読み切りを数回掲載し、『ポポ缶』で連載デビューを果たしました。実は、3話連載の予定でしたが、人気のため連載継続となったそうです。次のページでは、いわさき先生の代表作や現在連載中の作品について!