とある日常の一場面を、瑞々しいタッチで切り取る作品。一方で、個人ではどうにもならない暴力の渦を描いた「戦争シリーズ」と称される作品。今日マチ子先生は「叙情と残酷」という、一見相反するテーマを描き続けてきた漫画家です。現在も複数の連載を抱えるご多忙の中、たっぷりと語って頂いた内容を、余すことなくお伝えします。

 


美大のご出身とのことですが、絵は小さい頃から描かれていたのでしょうか?

今日マチ子先生(以下敬称略) 美大を目指したのは中学3年生からなんですけど、特に何になろうと思っていたわけではなく、「アートの勉強をしたい、美大に行ってアーティストになれれば」、とぼんやりと考えながら、美大受験を決めました。当時からイラストや漫画もどきを描くのは好きでしたけど、漫画も人から勧められたのを読むくらいでとりわけ好きというわけでもなかったし、熱心に描いていたわけではありませんでした。

高校時代はどのような活動を?

今日 高校時代は美大予備校に通い、ひたすらデッサンをして画力をつける毎日でした。それで浪人することもなく、無事に大学に受かりました。学科自体はいわゆる現代アートをやるような学科でした。自分はその中でも、ミニコミ――今でいうフリーペーパーに近いものでしょうか――それを在学中ずっと作っていました。大学の課題も、メディア研究という名目でそのミニコミ誌を提出していました。その紙面で描いていたのが、文章とイラストだったので、今の基礎になっているのかなと思っています。
いわゆるフリーペーパーといっても、ちゃんと何号分かたまってから、まとめて本にして売っていたりもしていたので、そのときから絵と文章でお金を稼ぐというのは考えていました。

記事のネタ探しはどのようにされていたのでしょうか?

今日 出来るだけ色んなところに出かけるようにしていました。在学中に、都築響一さん(写真家でフリーの編集者)のもとへインターンに行っていたことがあるんです。期間は短かったんですけど、都築さんの、必ずその場所に取材に行ってとことん取材しまくる、記事も文字数が溢れるくらいいっぱい書く、という姿勢に影響を受けている部分はあります。自分も、その場所に行って自分で考えたことを書こうと心がけていました。
『Juicy Fruits』では「ガーリー」というのがテーマだったので、そういう味つけを加えつつ、かなり積極的に取材をしていましたね。土日は大抵、取材に行くようにしていました。

実際にその場所に足を運ぶというのは、今の漫画制作にも活かされているのでしょうか。

今日 そうですね、モデルにする場所があるときは今でも必ずそこに取材に行ってから描くようにしています。

そのミニコミ誌『Juicy Fruits』は、通算200号まで出されたとか。そこまで継続して続けられた秘訣は何だったのでしょうか?

今日 もちろん自分も、色々手を出してみた中で、継続して出来なかったこともたくさんあります。その中で続いたのが、ミニコミだったというだけですね。ただ、10回くらい続いてしまえば、あとは続けるしかないというか。ファンの方もついてくれるので、その人たちのためにも描き続けなければならなくなります。それに、認知されるためには続けていくことしかないので、ひたすらそこだけは、粘り強く頑張ろうと思っていました。

『Juicy Fruits』が200号を迎えてから、『センネン画報』を立ち上げるまでの経緯は?

今日 『Juicy Fruits』は大学を卒業したぐらいでやめて、しばらくライターをやったりイラストレーターをやったり、何が自分に向いているのかと、模索していました。その中で、バイト先の仕事として描いた漫画が読者からの反響が良かったというのもあり、自分でもしっかりと描いてみたいなと思い、そこから『センネン画報』をスタートしました。

そこから、漫画という表現手段を使うようになったわけですね。

今日 ただ、今まで漫画もそれほど読んでいないし、とりわけ好きだったわけでもなかったので、描くとオリジナルというか、不思議な表現になっていたのが、千枚二千枚と描いている内に、今の形になっていきました。

『センネン画報』では途中、作風が変わったのに合わせて、絵柄もそれまでとはがらっと変わって行きました。意識して変えたところがあるのでしょうか?

今日 むしろ『センネン画報』の初期の頃は、下手くそ風に見せるのが好きで、わざと面白漫画風に描いていたのがあります。ただ途中からそういう気取りが段々つまらなくなってしまって、自分にとって一番ふつうで描きやすいように描いているのが、今の絵柄になります。

『センネン画報』でも、継続して描き続けていったことが、人気を獲得していくきっかけになったのでしょうか。

今日 そうですね、認知されるというのに合わせて、自分の力が次第についていきます。やめてしまったらそうはならなかったと思います。同じことのように見えても、繰り返すことで、ブラッシュアップされていくことが非常に多かったです。

継続して作品を出し続けるというのは、漫画家志望者にとっては、乗り越えないといけない大きな壁の一つなような気がします。

今日 ただ、何事も継続しないと成就しないので、やめてしまうということは、その人には向いていなかったか、向いていないと言わないまでも、まだその時期ではなかっただけだと思います。別に続けられなかったことを悔やむ必要はないんですけど、一度続けられたことは大事にした方が良いでしょうね。

継続し続けた結果が、ほぼ日漫画大賞や、メディア芸術祭にて07・08年の2年連続審査委員会推薦作品(10年にも選考)の選出に繋がっていくのでしょうか。ちなみに、受賞されたときのお気持ちは?

今日 どうなんでしょうね、誰かに褒められるためにやっていた訳でもなかったので、思いがけないごほうびをいただけたような気持ちです。

受賞されたことで環境に変化は?

今日 その当時はウェブ漫画というもの自体が珍しかったせいか、意外と何もなくて、単行本化するまでにはもうちょっと時間があった気がします。
少し変わったことといえば、私のやっていることに対して世間の見る目が変わったというか、受賞したということで、今まで落書きだと思っていた人が「これは漫画である」という風に思ってくれるようになったことかもしれません。

ある意味、日の目を見たというか。

今日 自分で言うのはおこがましいかもしれませんが、ネットでの評判はそれなりにありまして、受賞するよりも先に、耳の早い人達からウェブ漫画でのお仕事が来ていました。なので、受賞は本当にあとからついてきたというか……。

『センネン画報』が書籍化された後は、紙の雑誌に活動の場をシフトされています。

今日 『センネン画報』は漫画である、と言ってくれる人が多くなり、そうすると私もいわゆる漫画という表現に興味が出てきて、ストーリーものを描きたいと思うようになりました。私の中では、『センネン画報』は完全に昔の作品なのですが、『センネン画報』のイメージが強すぎて、キラキラした青春を描く、いうなれば「オシャレな漫画」を描く人、みたいにしか捉えられなかったのがすごく悔しくて。そこから、本当はここまで出来るんだよというのを見せるためにも、最近はストーリーの方にも力を入れるようになりました。