『GOTH』『NHKにようこそ!』など、コミカライズを多く手がけ、オリジナル漫画、同人誌でも活躍している大岩ケンジ先生に、漫画家になるまでの努力や、漫画制作の要点についてお聞きした!『赤と蒼のエーレンベルク』1巻が発売中!!


小さい時から漫画家になりたかったのでしょうか?

大岩ケンジ先生(以下大岩)小学生の時に、教室の学級文庫にあった漫画を読んで本に興味を持ったことがきっかけで、図書館によく行っていました。本といっても小説ではなく、写真や絵で知らない世界をのぞくのが好きで、絵本や図鑑を見ていましたね。そしたら、絵の描き方を紹介している本を見つけて、この通りにしたら僕も上手に描けるのかなと思い、友達と描いてみたんです。意外と上手に描けて、それからは絵を描くことに没頭しました。だから、漫画家は職業のひとつという程度で、小さい頃はイラストレーターになりたいと思っていました。

イラストレーターから漫画家になりたいと思ったきっかけをおしえてください。

大岩専門学校に入学して、イラストレーターはデザイン会社で働くと聞いて、怖気づいてしまって。実は当時は精神面が少し不安定でコミュニケーションが苦手だったんです……。それによって相手を傷つけるのが嫌だったから、会社勤務ではなく一人でできる職業に就こうと考えていました。そこで、他に自分の好きなことができる職業は何かと考えたら、漫画家しかないと思いました。「人に迷惑をかけるのはやめなさい」と親父に言われていたのも重要なきっかけですね。今では、人は人に迷惑をかけて生きるのが当然だという考え方をしていますが(笑)。アルバイトをしてみると、コミュニケーションが苦手でないことに気づいて、漫画家以外の道もあるなと思っていたら、持ち込み先から電話がきたんです。

専門学校で学んだことをおしえてください。

大岩美術系職業の人間関係や契約、トラブルやその対処法です。例えば、渡された資料の汚いセロテープを剥がしただけで大問題になった話で、どんな資料でも大切に扱うことや、クライアントの指示通りに商品を作るためには知識が必要で、その勉強を怠ると仕事がこないことを学びました。漫画の描き方よりも、そんなことを学んでいたので、デビュー後は技術不足に苦労しました……(笑)。それと、卒業課題を持ち込みのレポートにしたので度胸がついたし、効率のいい廻り順を知ることができました。大きい出版社さんだとストックされるので(笑)。漫画家を仕事にするために積極的に行動しようと考えて、ファイリングした自分の作品を出版社に置きに行ってアピールしたこともあります。宝くじのように思えたから、ポストの前で願掛けして投稿することはなかったですね。

持ち込みはどうでしたか?

大岩最初の作品はトーンを貼っていないし線が多かったから、「絵のようで野暮ったい」と編集さんに言われました。これは漫画家になってから知ったことですが、雑誌掲載時の1話だけなら読めるけど、数話がまとまった単行本だと読みづらいので、トーンを使って線を減らして、漫画らしく描くようにしました。あと、新人にやりがちな、キャラクターを立たせず世界観だけを推し進める漫画を描いていたので「おもしろいキャラクターを描けるように」と言われましたね。デビューして1年後に、キャラクターに肉付けをするのが一番大事なんだと気づきました(笑)。それと、チャンスは逃したくないので、どんなにダメだと思った漫画でもコンペに出せるなら出すようにしていましたね。

アシスタントをしたことはありますか?

大岩漫画家になってから他の漫画家さんがどう描いているのか知りたかったので、編集さんに紹介されてアシスタントをしたんですが、絨毯にインクこぼしたり、疲れて寝てしまったりして、迷惑をかけました……。でも、楽しかったです(笑)!

同人活動はしていましたか?

大岩上京して安アパート借りて初連載作の『GOTH』を描いていたのですが、作業が遅くてアシスタントを雇うことにしました。でも、アルバイトをしても人件費が賄えなくて……。そこで、同人誌を描いて売ることにしました。僕の命を救ってくれたわけなので、そのとき買ってくれた人には本当に感謝しています!今は、好きなように同人誌を描いていますね。限界の把握と、漫画制作の技術維持、さらに新しい技術の開拓、この3つのために、趣味の延長で同人誌を描いています。
例えば、絵コンテみたいに、プロットの横にシーンを描いてネームを仕上げるというのをやっています。それに合わせて1枚絵を描いて、パソコンでバラバラに切り取って、1つ1つを素材にすることによって1ページが絵のようになるんです。漫画というよりコラージュのようなので、デザイナーの気分になれて楽しいけど、一人だとすごく時間がかかるので辛いです(笑)。

oiwa-gazou3


ページ 1 ページ 2