ミステリー、歴史、コメディ、聞き描き、猫……様々なジャンルを描く多才な漫画家、吉川景都先生にインタビューしました!漫画家デビューは2回目?!「未だに漫画家になりたいと思っている」など、驚きの漫画家人生についてお話してくださいました!

1章:2回目のデビュー
2章:別ジャンルへの挑戦
3章:未だに漫画家になりたいから描き続ける


1章:2回目のデビュー

漫画家を目指したのはいつ頃ですか?

吉川景都先生(以下吉川)私が9歳の時に、『りぼん』(集英社)で13か14歳でデビューした人がいたんです。それで1ケタの年齢でデビューしたらすごいよなと思って、母親に漫画を描いて見せたりしました。漫画家と言う職業を意識し始めたのはその頃ですかね……。

漫画の描き方はどうやって知りましたか?部活等で学んだのでしょうか。

吉川中学は吹奏楽部、高校は演劇部、大学はギター部だったので、漫画を部活でやったことはありません。小学5年生ぐらいの時に、遊ぶチームみたいなのがあって、皆で漫画の描き方が載っている本を読んだり、漫画の描き合いっこ見せ合いっこをしたりしていました。デビュー後には、アシスタント先の藤栄道彦先生のもとで、背景の描き方など基本的なことを教わりました。本を見るより、アシスタントをやったほうが絶対漫画の描き方を学べます。今はアシスタントさんに手伝ってもらっている側ですが、アシスタントさんから学ぶことも多いです。一緒に学びながら頑張りましょうという感じですね。

吉川先生のもとで、アシスタントさんはどう活躍していますか?

吉川私の場合は、ネームが半分ぐらいできた段階で、アシスタントさんに来ていただいていることが多いです。背景を先にどんどん描いてもらっちゃいます。だいたい、2人くらい来ていただいていますね。多い時は3人、少ない時は1人とか。『片桐くん家に猫がいる』(以下『片桐くん〜』)始めたときは、知り合いの方などに来ていただいていたんですが、もっと来てほしいなと思って、アシスタント募集サイトで募集をかけました。結構いろんな方がメールをくれましたよ。そしたら、成人漫画のアシスタントをやっている方が、作画見本を送ってくれたんですね。それがすごくエッチで(笑)。今はその方いませんが、成人漫画を描く方って、女の子の体にトーンを貼るのがとてもきれいなんですね。お願いしたいなという気持ちはあるんですが、ウチはそんなにトーン貼らないので。

初めての持ち込みはいつでしたか?

吉川大学2年生の時、『月刊Asuka』(角川書店)に初持ち込みをしました。その後は、白泉社さんにしぼって『花とゆめ』『LaLa』に持ち込みをしていました。2、3作目くらいに賞にまわした漫画がひっかかって、『LaLa』の担当さんがつきました。同人活動と平行で、持ち込みを続けて、1年後くらいにデビューが決まったんです。でも、翌月くらいに、やっぱりギャグ漫画のほうが向いているんじゃないかって思って自らやめたんです。「すみませんが、別のジャンルを描いてみたくなったんで」と手紙を担当さんに渡して……。

その後はどうされていましたか?

吉川本屋でバイトしていました。自分のサイトを作って、私の自画像のうさぎがドラクエ風の冒険に出る漫画とかをちょくちょくあげていました。それを見てくださった芳文社の方が4コマを描きませんか、と言ってくださったんです。

それが『24時間サンシャイン!』なんですね。初連載はどうでしたか?

吉川そうですね、楽しく描けたと思います。ひと月に6枚だったんで、いきなり大変ではなかったです。でも、単行本にできなかった話があるので、それがかわいそうでした…。1巻がもうちょっと売れたら2巻が出たんですけど。

この連載で学んだことはありましたか?

吉川起承転結はもちろん、キャラクターの作り方を学びました。この漫画の登場人物が一番基礎になっていますね。変な店長がいて、ツッコミ役のかわいい女の子がいて、ヤンキーのお母さんがいて、眼鏡君がいて。この4人の形が変わったものが他の連載でも形を変えて出てきているみたいな感じですね。ひとり変わっている人がいて、それにツッコむっていうのが好きなんですよね。あと、主人公があまり冴えなくて、かっこいい友達がいるという設定も好きです。