「登場人物全員人外!」という驚きの設定を持つ『セントールの悩み』。そんな獣人盛りだくさんな作品のストーリーは、剣と魔法渦巻くファンタジー……ではなく、ケンタウロスの女子高生(!)「君原姫乃」を中心とした、人外であること以外は現代の自分達と変わらない、彼女達のほんわかとした日常が描かれているのです。今回は『セントールの悩み』の作者村山慶先生に、そのアイディアの発想や緻密な世界観の作り方について深くふかく切り込んでいきます!


パソコン時代に同人時代。創作活動の原点を探る。

絵や漫画を描き始めたのはいつ頃ですか?

村山大学までは、人並みに落書きをするくらいでした。パソコンでゲームを作るときに使うスプライトのためにドット絵を描いたのが一番初めかもしれません。今みたいに便利なツールとかないので、まずは方眼紙でドットを埋め、それを16進数に計算し直さないといけないんです。それをパソコン上でプログラムとして組むんです。漫画自体は、大学時代に出していた学生新聞で描いた4コマが、おそらく初めて人前に出したものです。

ご自身のサイトを拝見すると、2000年代以前から精力的に活動なさっているようなのですが、サイトを立ち上げたきっかけなどを教えてください。

村山96年くらいから始めていました。というのも、その頃ようやくインターネットが登場したんです。プロバイダも創成期で、それまではニフティサーブとか、パソコン通信とかがまだまだ盛んだった頃ですからね。その頃に大学のパソコンにもインターネットが導入されていったので、大学のパソコンから作品をアップしていました。

サイトでは、主に小説を公開されていましたが、当時は漫画よりも小説がお好きだったのでしょうか?

村山小説の方に力を入れていたというのもあるんですけど、当時は漫画のデータを置けるほど回線の速度が早くないし、置けるデータ量も限られていた、というのが大きいです。最初の頃は、フリーのスペースだと2MBくらいしか置けなかったんです。なので、当時は自分以外のサイトもほとんどが文章を上げるものでした。その頃はエヴァンゲリオンが流行っていて、パロディ系のSSを描くサイトが沢山ありましたね。それが、同人の方に足を向け始めたきっかけにもなります。

同人活動を始められたのはいつ頃でしょうか?

村山大学院を卒業してからですね。一番最初に参加したのはコミティアでした。個人誌では4コマを描いて、合同サークル用には小説を書いて出していました。

小説の方でプロデビューするということは頭にあったのでしょうか。

村山あるにはあったんですけど、これはちょっと厳しいかな、とも思っていました。小説は、商業でやるにはジャンル化されすぎていると思うんです。純文学なら純文学、ミステリーならミステリーとくっきり分かれていて、中間が許されないというのを感じていました。漫画だとそういう中間的なところに位置する作品もあって。絵だからぱっと見で直感的に分かるというのは強いですね。僕の推測でしかないんですけど、小説だとぱっと見ではどんな作品か分からないから、買わせようと思ったら、あらかじめジャンルを区切っておかないとダメなんじゃないかと。

同人では、どのようなジャンルの作品を描いていましたか

村山同人をやっていて、「どうやったらウケるのだろう?」という方向性をずっと模索しながら、推理モノから恋愛モノまで、とにかく色んなジャンルを描いていました。同じようなテーマを掘り続けている人と、色んなテーマに手を出す人という2パターンがあると思うんですけど、僕は後者ですね。

同人活動であっても、買う人の反応というのはダイレクトに返ってくるものなのでしょうか?

村山そうですね、分かりやすく売り上げとかに反映します。あと、批評家受けするのと、売れるかどうかというのは別だというのも分かりますね。テーマが難しかったりすると、評論好きの人にはウケるんです。ただ、売れ行きは極端に悪い。可愛い女の子が表紙でないと、売り上げに如実に反映します。女の子が可愛くて、テーマが深いのが理想なんですけど、中々そこにはいかないですね……。

それでは、プロの漫画家を目指すようになったのはいつ頃なのでしょうか?

村山直接的な話をすると、政権交代のからみで、早期退職をしました。なので、他の食い扶持を探さないといけないということで、本格的にデビューを目指すようになりました。コミティアの出張編集部に持ち込みに行っていて、その中で『月刊COMICリュウ』の編集部で改めて話をしようということになって。普通持ち込んでも、そのようにはならないんです。ここを直してもう1回来てね、となるのがほとんどで。リュウの場合だとそうはならなかった。内容には触れずに、もう1度改めて会いたいということになり、もう1度会ったところで龍神賞向けに描かないか、という話になりました。

そこで出したアイディアが、『セントールの悩み』になるのでしょうか?

村山打ち合わせをするなかで、ネームを何本か描きました。中には『セントール』に似たようなものも2~3本描きました。それらがボツになった上で、最終的にこれでいいだろうとなったのが『セントール』です。