第15回文化庁メディア芸術祭のマンガ部門にて大賞を受賞されるなど、マンガ読みから高い評価を得ている岩岡ヒサエ先生。丸みを帯びた柔らかなタッチで描かれた紙面と、繊細な心理描写で骨太な作品を生み出し続ける岩岡先生に、メールにて26の質問をぶつけてみました!

1章:漫画家は、1度諦めた道だった?
2章:作品に「気持ちを込めること」の大切さ
3章:現在連載中!『星が原あおまんじゅうの森』&『なりひらばし電器商店』


漫画家は、1度諦めた道だった?

初めて本格的に漫画を描き上げたのはいつですか?

岩岡ヒサエ先生(以下岩岡)たしか中学生の頃……中3だったかと思います。その頃に初めての同人誌を作ろうと思い立ち、漫画家さんのインタビュー記事などを元に近所の文具屋さんでGペンや転写型のトーンを買いました。インクは墨汁だったと思います。30Pくらいの背景が全くない二次創作の原稿で、今思い出せるのはかっこよく描いたつもりの縦長の1コマだけです。

女子美術大学がご出身だとか。在学中はどのような活動をされていましたか?

岩岡油絵を専攻していました。物の色だけを追って描くと形が描けるかどうかを自分のテーマとして、ティッシュを描いたりしたのちに抽象画を描くようになりましたが、自分に美術の才能は無いなと思っていました。ほかの人と比べて美術を愛しているかの度合いが違ったのだと思います。
サークルは合唱部です。その当時はかなりのめり込んでいました。一度『オトノハコ』という作品で描いてはいますが、今でも合唱をテーマにもう一度漫画を描きたいと思っています。

デビュー作の時点ですでに、丸っこいキャラクター造形など現在でも共通する特徴的な絵柄になっております。影響を受けた作家などはいらっしゃいますか?

岩岡絵的には吉田戦車先生や森下裕美先生だと思います。中学生の頃に大流行した「伝染るんです」や「少年アシベ」に衝撃を受けて丸くなった気がします。あと恐らく、意識していたつもりではなくても深いところで藤子不二雄(A、F両先生)先生や手塚治虫先生の影響はあるかと思います。等身の低さとか。大学生の終わり頃に丸い顔のキャラを沢山描きましたが、絵柄が固まったかというと今でもフラフラしています。

「漫画家の道は一度すっぱり諦めた」というのを、ブログの記事などで拝見しました。断念してしまったのはなぜでしょうか?また、もう一度漫画家を目指すようになったのはなぜなのでしょうか?

岩岡大学入学後に一度漫画家になるのを諦めました。ずっとパロディーの同人誌を描いていたものの自分の作品は全く描けないし、更に好きな漫画家さんより良いものが描けるとも思えず、迷った末漫画家を諦めました。大学1年になってすぐの頃から4年の前期くらいまで、いたずら描き以外は漫画もイラストも描きませんでした。
その間に観劇にハマり、色々な作品に触れるにつれ物語に対して感想や意見を持つようになりました。そこで「自分は話を作りたいのかも」とはたと気づき、4年の就活が始まる頃うっすらと漫画家に憧れるようになるものの、結局就職し仕事の合間に趣味でオリジナルの漫画を描くようになっていきました。その後、徐々に漫画家になりたいという意識が高まっていき、就職から4年後に初投稿しました。

同人誌をまとめられた単行本を出されているように、デビュー以前からご自身で相当数のオリジナル同人誌を描いていたようです。オリジナルで同人活動に参加されようと思われるようになったのはなぜですか?

岩岡相当数と言っていただけると何だかカッコイイですが、16Pの本を数冊程度なのでそれほど多くは無いと思います。コミティアというオリジナル漫画を発表出来る場があると知り、一緒に参加してくださった知人もいたので、とにかく描ける時に描いて持っていこうと思って参加していました。プロになれたら月1で描くのだということも少し意識していたかもしれません。
前述させていただいたように話を作ることに興味が湧いたものの、同人誌で漫画を描き始めた頃はまだ何を描いていいのか分からなかったので、自分の感情を中心にして漫画を描きました。物語というよりはポエムに近いものです。(その時は自分の中の感情を描くとはいえ、読者さんがいることを意識したつもりでしたが今思えば全くまだまだ足りていなかったと思います。)

持ち込み・投稿など、デビューに向けての活動をされていたかと思います。その当時苦労したこと、印象に残っているエピソードなどあれば教えてください。

岩岡印象に残っていることは、意識が変わった時のことです。持ち込んだネームで良くないと言われた部分を最初は大事にしすぎて大きく直せないことが何度かあり、「このままじゃダメだ」と思い切ってその部分を切り捨て、別アプローチでこれは良いと自分で思える物を再提出できた時、モヤモヤしたものが晴れたようでした。自分は変われるかもしれない、とその時思えました。

商業デビューのきっかけを詳しく教えてください。

岩岡商業誌デビューは作品投稿です。普通に投稿しました。最初の投稿作はラッキーなことに急に雑誌掲載されたのですが、連載を取るようなレベルに達していなかったのでその後はまた投稿のためのネームを編集さんに見て頂いておりました。
その後、没が続き他にも何誌か投稿するもなかなか上手くいかなかったのですが、コミティアの出張編集部でIKKI編集部に見て頂いた『しろいくも』という短編をIKKI本誌に投稿し直して掲載、再度デビューのような形になりました。小学館さんから出ているコミックス『しろいくも』はほぼ同人誌からの作品をまとめた短編集ですが、IKKIで初連載をさせてもらうタイミングでコミックスを出していただきました。
他社さんからも大変ありがたいことに、同人誌をまとめた物を出しませんかとういうお話があったりもしました。その時期、そういう『同人誌を商業コミックスに』という流れのブームがあったのかもしれません。