魔法より肉体言語(サブミッション)が得意な魔法少女、外交問題から果ては世界の存亡までをも麻雀によって決する政治家達……大和田秀樹先生は1998年の連載デビュー作から、強烈なキャラクター達が繰り広げる破天荒なギャグをベースにしつつ、政治・経済・軍事といった重厚な要素を絡める、いわゆる「大和田節」を確立してきた漫画家だ。
インタビュー前半では漫画家デビューまでの道のりや、先生の仕事観等をお聞きしてきた!


初めて漫画を描いたのはいつ頃ですか?

大和田初めて漫画を描いたのは20歳の時です。当時所属していた大学の漫研で部長になっちゃって、「部長の作品が会誌に載ってないのはダメだろう」と言われ、それなら一丁描いてみるかと思ったのが始まりですね。

その初めての作品はどのようなものでしたか?

大和田今見るととても人様に見せるレベルじゃないんだけど、当時自分で読んだ時は「俺天才!」と思いましたね(笑) そこから今に至るまでの長い勘違いが始まる訳ですが、最初はそれくらいの強い思い込みがあった方が良かったのかもしれません。何年か漫画家をやっていく間に必ず何度も訪れる、大きくヘコむ時期というものを乗り切れなかったんじゃないかと。

漫画を描くようになってから、実際にプロの漫画家を目指されるようになったのはいつ頃なのでしょうか?

大和田初めて出版社に作品を投稿したのが25,6歳の頃ですね。冬コミの学漫用に描いたちょっとエッチな漫画から、写植を剥がして投稿用に直して出したところ、運良く賞に引っ掛かり10万円をもらえてしまって。

初投稿でいきなり賞をもらえるとはすごいですね!

大和田その頃同時に、コミケを回っていたとある編集部の編集さんからも「ウチで描きませんか」と声がかかっていたんです。それまで漫画家になろうなんてこれっぽっちも思ってなかったのに、そこでまた「俺、漫画家として行けるんだ」と大きく勘違いしてしまった(笑) まあお金をもらってプロの編集さんから直接スカウトなんてされたら、25歳なら勘違いするには十分ですよね。

ところが、そこから角川で連載デビューを果たすまでかなり期間が空いているようです。

大和田ネームは何度か描いて提出していたんですが、編集さんと中々折り合いがつかず、そうしている内に一度フェードアウトしてしまいました。そこから、ちゃんと卒業だけはしておこうと思って2年ぐらい大学に戻ったんですが、やっぱり一回何かを本気でやっておきたいなと思い直したんです。
学生時代は仙台の国分町というところでよく飲んでたんだけど、そうすると「俺昔は役者目指しててさ~」みたいなことを言っている方を見かけるんです。自分もこのままいくと「俺も昔は漫画家に……」と飲みの席で言うようになるのか……と考えると、自分はそれならいっそ一回本気で試してみてデビュー/連載までは行ってみよう、そこから先はその時になってから考えてみれば良いし、ダメならダメですっぱり諦めようと思うようになったんです。

そこで早速、角川の少年エースに作品を投稿されるようになると。その時の経緯を教えてください。

大和田第2回目ぐらいの新人賞に応募し、まず夏頃に奨励賞をとりました。そのまま9月には読切を掲載させてもらい、翌春には連載開始とトントン拍子で進んでいきましたね。

まさに有言実行という感じですね。そうやって商業に移られてから、何か苦労されたことってありますか?

大和田特にないですね。とにかくまず最初、僕が面白いと思うかどうかだけで描いてきたので。それにちゃんとネタとして面白ければ、多少変なネタでも編集はOKを出してくれましたしね。結局漫画って商業だなんだというよりも、面白いか面白くないかだけだと思っています。

非常にシンプルかつ力強い基準ですね!それでは大和田先生は現在、どのようなペースでお仕事をされているのですか?

大和田今は朝7時くらいに起きてまず子供を保育園に送り、10時から仕事を始めます。そして夕方の17時までには終わらせるようにしています。

漫画家っていったら、徹夜徹夜で執筆作業というイメージがありますが。

大和田なぜそういうペースにしてるかというと、そうしないと死んじゃうから(笑) 30代の頃何度か仕事中に倒れてしまって、このままじゃいかんと思って改善したところです。
正直徹夜ばかりしている人は、長続きしないです。人というのは、寝ないと仕事の効率がみるみる下がるものですからね。徹夜でやる10時間の作業よりも、5時間寝て5時間仕事した方が仕事のクオリティは圧倒的に高いし、半分寝ながらやった1時間だと1コマも進まなかったなんてザラにあります。僕の周りでは、無茶をされていた方はそのほとんどが、残念ながら30代で皆リタイアされていきました。

漫研の人でも部誌の締切前に徹夜で描いていたりしますが、本当はよくない訳ですね。

大和田それは「修羅場感」を楽しんでいるだけです。俺も漫研の部長だったから解かるんだけど、学生気分でやっている子達の中には「この修羅場の中で描いてる俺」に酔っちゃう子がいるんですよ。確かに身体が疲れ切ってハイにもなるし、とにかくやりきった感を味わえるんですよね。

こう言ってはあれですけど、学漫なんて1日1時間というペースで3ヶ月描き続ければ完成されられるんですよ。ちゃんと授業出てバイトして、じゃあ寝るかっていう前に一時間作業してるだけで誰でも出来るはずなんです。

ひとりの漫研生として耳が痛い!とにかく、今は仕事の時間をきっちりと分けているんですね。たとえばプライベートで、ネタ帳のようなものを持ち歩いたりはしていないのでしょうか?

大和田ネタ帳の類は一切持っていません。なぜかというと、本当に優れたネタっていうのは1日2日ぐらいは覚えているものなんです。逆に覚えてないネタというのは大したネタではないので、忘れちゃったらその程度のネタだったんだと思うようにしています。もちろんその辺りは人それぞれで、マメにメモしないと駄目って人ももちろんいるから、良い悪いではないのですが。

毎回エッジの効いたギャグやネタが満載なので、一つにまとめたネタ帳みたいなのがあるものかと思っていました。

大和田それに思いついた時に面白いと思ったネタと、実際に原稿にして面白いネタって実は違ったりします。頭の中で考えて面白いと思っても、原稿にしたら対して面白くないってのはよくあるし、逆に描いたら面白いというのも多々ある。その辺は描いてみないと解らないところなので、あまりネタ帳に凝るよりも実際に描いてみるのが近道だとは思いますね。
⇒インタビュー後半では、迷える漫画家志望者に大和田先生から最後通達!?


ページ 1 ページ 2