かがみふみを先生は20年近くの漫画家業の中で、成年向け・4コマ誌・一般向けと様々なジャンルを渡り歩きながら、一貫してラブラブな男女の、「あまあま」な恋愛模様を描いてきた。しかし、デビュー当初から現在の作風を確立していたわけではない。まずは先生の足跡を辿りながら、現在の作風へと移り変わった理由をお聞きする。さらに今回マンガラボ初の試みとして、先生にプロット・ネームといった資料をご提供頂いた!多角的な視点から、漫画家かがみふみを先生の創作活動に迫る!

1章:「あまあま」な作風になったワケ
2章:大公開!!先生直筆のプロット&ミニネーム
3章:創作だけには留まらない!?「あまあま」な作品を描くときの気持ち


「あまあま」な作風になったワケ

初めて漫画を描いたのはいつ頃でしょうか?

かがみふみを先生(以下かがみ)コマを割って漫画を描いたのは中学生のときです。当時流行っていた士郎正宗先生の『アップルシード』を真似して描いたような、オリジナルと呼ぶには程遠い作品だったと記憶しています。

現在の作風からは想像出来ないですね(笑) 学生時代は、どういった作品がお好きだったのでしょうか?初期の作風からは、少女漫画からの影響が強いように感じるのですが……

かがみおっしゃる通り、子供の頃から少女漫画が好きでした。兄が漫画好きで、沢山の漫画を持っていたんですが、その中で僕が特に好きになったのが何故か少女漫画だったんです。中高の頃は、りぼん・なかよし・ちゃおから、マーガレットなどなど、とにかくたくさん読んでいました。
「人が人を好きになる瞬間」を見るのが今でも好きなので、おそらく少女漫画のそういう要素に惹かれたのだと思います。今になってみると、当時読んでいた作品の記憶は殆ど残っていないのですが、僕の作品を読んだ方が「少女漫画から影響を受けているな」と感じる程度には心に残っているのだと思います。

学生の頃、漫画研究会のようなところには所属していましたか?

かがみ中高の頃は、そもそも周りに漫画を描くような友達がいませんでした。大学に入ったときは、漫研に入ろうと思って説明を聞きにいったのですが、何かの手違いで「ここで待っていて」と言われた場所に何時間待っても誰も来なくて……そのまま入るのを断念してしまいました。

そ、それは災難だったとしか言えないですね……それでは、当時は持ち込みや投稿などの活動をされていたのでしょうか?

かがみいえ、全然していませんでした。当時はプロになるつもりは全くありませんでした。
その代わり僕は、いくつかの同人サークルの方とやり取りをしていました。当時は同人サークルのメンバー募集の投書が沢山載ってる雑誌がありまして、それを見て連絡を取って文通しながらコピー誌を作ったりしていましたね。最終的に、3~4のサークルに所属していました。

なるほど、同人サークルでの活動に力を入れていたんですね。そこから、商業デビューに至ったのはどのような経緯があったのでしょうか?

かがみ当時の文通相手から成年向けの同人誌に呼んでもらって、ほんの数ページのエッチな漫画を描きました。それが、人生ではじめて描いたエロ漫画でした。その同人を主催されていた方が、平和出版というところの雑誌でお仕事をされていたんです。その同人誌を平和出版の編集の方が見て、「君の漫画が目に留まった」と声を掛けて頂きました。

はじめて描いた成年向けで、いきなり本業の方から声がかかるとはすごいですね!とはいえ、一般向けでなく成年向けから声がかかったときはどのように感じましたか?

かがみ単純に「目に留まった」と言われたのが嬉しかったですね。成年向けだからどうこうというのは考えなかったです。当時はすでに社会人だったのですが、若干貧乏でしたので副収入が入るというのはとても魅力的でしたし、それに一度でいいから原稿料の出る絵を描いてみたいというあこがれみたいな物はありましたからね。そんなわけで最初は自分の原稿が雑誌に載って嬉しい、ぐらいだったんですが、いつの間にか商業で描くことが続いていた……という感じですね。

デビューまでの流れに加え、もう一つ先生のターニングポイントとして、作風の変化が挙げられると思います。成年誌での初期の作品では、ハッピーエンドとはいえないダークな面が見られるものが中心でした。そこから、現在の「いちゃラブ」方面へとシフトされたのはなぜなのでしょうか?

かがみそれには色々なきっかけがあります。まず、当時は私生活で感じたこと―たとえば、付き合っている人が他の異性の人と楽しく遊んでいるのを見て嫌な気持ちになったりをダーク目に描くのがカッコいいと思っていました。しかしそうやって、自分の身の回りの出来事を作品として描くのは、周りの人を不幸にするんじゃないか、そもそも自分にとって良くないんじゃないか……と思い始めていたんです。
それと、詳しいことは言えないのですが、私生活で不幸のどん底と言えるような状況に陥ってしまったんです。自暴自棄になって、手持ちの漫画を全部売ってしまったり、派手に遊んだり飲み食いしたりでどんどん貯金を食いつぶしたり……最後母へのプレゼントでガスコンロを買ったときに、はたと気づいたら預金残高が5万円になっていました(苦笑)

何か壮絶なことが起きたのはよく伝わってきます……そこから、どのようなきっかけがあって浮上することができたのでしょうか?

かがみお金も底を尽きて外に遊びに行くこともなくなって一人部屋でずっと見続けていたのがNHK教育(現在のEテレ)の子供向け番組だったんです。そういう番組ってたとえば、誰かと手を繋ぐ、それだけで嬉しいみたいなとてもシンプルなメッセージがまっすぐに込められているんですよね。そういう、単純かつ大事なコトを、伝えるというところに強く惹かれたんです。余談ですが、僕が「むぎゅう」という擬音を使ったりするのは、NHK教育の幼児向け番組『いないいないばあ』の影響だったりします。
現実で打ちのめされていると、せめてフィクションの世界では和みたい……という気持ちの変化もあったと思います。それと読んで下さった方が「自分もこういう恋愛がしたいな」と感じてもらえるようなものを描きたいとか、それにさっき言ったシンプルで強いメッセージを描けるようになれたらな、と思うようになったのが、今の作風になったきっかけですね。

かがみ先生のラブコメの原点が、子供向け番組とは予想外でした。
作風が変わってから、その後成年誌でいくつか作品を発表した後、一般誌に移られますよね。どのようなきっかけがあったのでしょうか?

かがみ竹書房さんとは、編集者さん同士の飲み会を通じて、自分を使いたいという編集さんと平和出版の担当さんとの間でツテができたことがきっかけでした。
双葉社さんとは、平和出版から出され、2~3回で廃刊してしまった4コマ誌に載せてもらっていたショート漫画を双葉社の編集さんが読まれて、誘ってもらったという感じです。

成年向け・一般向け・4コマ誌など、多方面で掲載経験をお持ちですが、振り返ってみて1番大変だったのはどのジャンルでしたか?

かがみ今でも断言できるのは、「成年向け漫画は難しい」ということです。理由は、どんな事があろうともとりあえずは必ず性交渉のシーンを描かないといけないからです。そこさえクリアすれば後は自由……なんて昔はよく言われていましたが、それでも3分の2くらいのページはそのシーンに割かないといけない訳じゃないですか。展開も、そこから逆算して作らないといけないですし。僕は話作りの幅が狭いですから特に厳しかったです。当時はとにかくなんとか描いてましたが、一般誌で描くようになって改めて振り返ると、「良く描けてたな」と我ながら思います。成年向けで何年も続けていらっしゃる方は、本当にもの凄い人だと思います。