ファンタジーに4コマ、百合や恋愛ものから職業ものまで。先日TBSの情報番組「王様のブランチ」にて紹介された『14歳の恋』や、ラジオ局を舞台にした珠玉の連作オムニバスストーリー『満ちても欠けても』などの作者水谷フーカ先生は、様々なジャンルを股にかけながら、その透明感溢れる作画と読後にはじんわりと心が温まるストーリーテリングによって日に日にファンの裾野を広げている。先生の来歴を辿りながら制作の裏側をお聞きした、全4章からなるロングインタビュー!
1章:デビューまでの道のり
2章:4コマと百合作品
3章:『14歳の恋』について
4章:『満ちても欠けても』について


デビュー先が倒産!?波乱万丈な新人時代

絵や漫画を描き始めたきっかけは?

水谷フーカ先生(以下フーカ)実家が造園業者で、家に画材や、図面用のA1用紙など描くためのものが沢山あったんです。その紙の上に転がされて「描いとけ!」と(笑) 物心ついた頃には、紙の上に座って絵を描いていましたね。

それは絵描きになるには最適な環境ですね(笑) それでは、本格的に漫画を描き始めたのはいつ頃でしょうか。

フーカ高校3年生まではノートに鉛筆で描いていました。本格的にペンを使って漫画を描くようになったのは、3年の夏にそれまで続けていたバスケ部を引退し、部活動から解き放たれてからです。進路もロクに考えていなかったので、そこではじめて「漫画家になろうかな」と思い立ち、専門学校に行くことにしたんです。

専門学校を進学先に選ばれた理由は?

フーカとにかく手っ取り早く、一番安い手で技術を習得しようと。ペンの持ち方から教わり始めて、2年間で基本的なことを学びました。2年の最後には、課題で作った作品を投稿して、その作品で賞を頂いたりもしました。

しかし来歴を確認しますと、そこではデビューには至らなかったようですね。

フーカ佳作を頂いて担当さんが付いたのですが、いきなり挫折してしまったんです(笑) 1番はじめに、「とにかくまずは今の絵柄を変えてください」と指示されたんです。プロの世界ってなんて厳しいんだ!と初っ端から心が折れてしまいまして(笑)、担当さんとの連絡も疎遠になっていき……その後はしばらく、アシスタントなどをちょこちょこやりながら、色んな所に旅行に出てみたりとフラフラしている期間が長かったです。その時期には、3日おきにトップ絵を変えるという期間を設けて思いつく限りのものを毎日毎日量産していたこともありました。

そこから、再び漫画を描くようになったきっかけはありますか?

フーカ「自分の絵柄で、自分の描きたいものを描きたい」と思い、描いたものを同人誌にしてイベントに出すようになったんです。普通のコピー誌で、ホッチキスで留めて。私が1番好きなのが『ジブリ』作品、特に『ラピュタ』などのファンタジー作品なんですけど、とにかくジブリみたいなのを描きたい!と思って描いていました。3本ほど作品を出したあたりで、司書房という出版社の編集さんに「同人誌をまとめて単行本にしてみないか」と声を掛けて頂いたんです。

声がかかった時のお気持ちは?

フーカ「で、デビュー!?ウソやろ」と思いました(笑)  司書房さんがもともと成年向けの雑誌を出されていたような会社で、編集部に行ってみたら「肌色ばっかりやー!」ってなりました(笑) とりあえず新たに一般向けの部署を作ったので、そこから単行本を出すからと。ページ数が足りなかったので描き下ろしで短編を1本描いて、初単行本となる『夜盗姫』を出させて頂きました。
そのあと司書房さんからは、全篇描き下ろしの『チュニクチュニカ』も出させて頂きました。半年かけてお話を作って、2ヶ月で1冊分の原稿を描いたんですが、原稿用紙が郵送するとき、ダンボール1箱必要になるぐらいの大変な量になりました(笑)
そんな感じで、藁にもすがる思いで描かせてもらっていたんですけど、その半年後には司書房さんが倒産されてしまいまして……自分の単行本も絶版になってしまったんです。

それは……もし自分なら立ち直れないほどショックを受けそうです……

フーカただ、単行本を世に出してもらったことはすごくよかったと思っています。実際『チュニクチュニカ』をきっかけに、どちらも芳文社さんなんですけど、百合雑誌と4コマ雑誌の編集さんに声を掛けて頂いたのが、今のお仕事につながっていったんです。とにかくいろいろあったので、どこがデビューかと言われると自分でも難しい(笑)