『琴浦さん』によって、個人サイトでの作品公開から書籍化・アニメ版放映と、漫画界のシンデレラストーリーを駆け上がり、近年4コマ誌や新創刊の「月刊アクション」に自身初のストーリー漫画を連載するなど活動の幅を広げているえのきづ先生にインタビューを敢行しました!

ネットのおかげで再び漫画を描くように

初めて漫画を描かれたのはいつ頃ですか?

えのきづ先生(以下えのきづ)多分小学生ぐらいの頃だと思います。多くの人がやるのと同じように、チラシの裏とかノートに描いていましたね。その頃は『キン肉マン』が大人気で、描く漫画は「○○マン」みたいなキャラクターが敵と戦う漫画ばかり描いていました(笑)
そんな感じで中学ぐらいまではちょこちょこと描いていたんですけど、高校生になる頃にはいったん全く描かなくなっちゃって。

それはなぜなのでしょうか?

えのきづ中学ぐらいから興味の対象が漫画よりもパソコンの方にいっちゃったんです。自分でプログラミングをいじって、ゲームばっかり作ってましたね。自分ひとりでゲームを作るとなると、ゲーム画面で使う絵も自分で描かないといけないので、ドット絵を描いたりはしていたんですが。

そこから、再び絵なり漫画を描くようになったのはいつ頃なのでしょうか?

えのきづ相当年を食ってからですね(笑) 仕事始めて社会人になってから大分経ち、仕事にも慣れ始めてきた頃に多少暇な時間ができたんです。じゃあその空いた時間で何しようというところで、描いたイラストや漫画をネットに上げるようになったんです。

きっかけとしては、ネットの存在があった訳ですね。

えのきづそれまでは一人遊び的に描いていたものを、他の人にも見てもらえるような場所ができたというのは大きかったですね。当時はネットが一般にも流行り始めた頃だったので、時期も良かったと思います。

そこから、ご自身のサイト「ENOKIX」の立ち上げに繋がっていくのでしょうか。

えのきづネットで色々イラストとかを描き始めると、手元に画像がいっぱい溜まってくるじゃないですか。当時はpixivのような投稿サイトも無く、それらをどこかに公開しておく場所があったらいいなということで、自分のサイトを立ち上げて描いた順にイラストを公開し始めたのが最初ですね。
それと当時は、いわゆるお絵描き掲示板というものがすごく流行っていたんです。作画ツールとかがまだ普及してない頃で、そういうツールを持ってなくても描いて投稿出来るというところで人気があったんだと思います。自分のサイトにも掲示板を置いてそこに人を集めて、その中で絵を描いて遊んだりしていましたね。そこで知り合った当時の人達とは今でも交流がありまして、中には漫画家やイラストレーターになっている方もいらっしゃいます。

琴浦さんの1巻などに、10年来の友達というイラストレーターの方から寄稿イラストが掲載されておりましたが、そういった方達は……

えのきづその辺りの人は皆、当時のお絵かき掲示板やチャットで知り合った作家さんです。周りに漫画やイラストを描く知り合いがいなかったので、そういった繋がりは全てネットを通してですね(笑)

その頃から「えのきづ」名義で活動されていたようですが、ペンネームの由来は何ですか?

えのきづ最初の頃はyahooの掲示板を使っていたんですが、そこを使うにはまずはじめにIDを登録しないといけなかったんですね。最初は自分の名前で登録しようと思ったんですが、すでに誰か他の人が使っていたようで登録出来なくて。それで適当に色々と試している内に、たまたま登録出来たのが「えのきづ」という名前だったんです(笑)

先生的には、こだわって決めたものではなく、たまたま決まったものだったんですね(笑)

えのきづこういう理由だからあまり話したくはなかった(笑) こちらも最初は普通に「えのきず」と入れたんですけど、そっちはもう使われてたので、結局「えのきづ」という変な綴りになったんです。
とにかくその掲示板では、自分のIDがみんなで呼び合う名前にもなるので、そこから「えのきづ」「えのきづさん」と掲示板の人に言われるようになって、そうしているうちに皆さんの間で定着してしまって、変更するタイミングを見失ったちゃったんです。
だから、僕から学生さんにアドバイスとして言えることが一つあります。ペンネームを考えるときは、一番最初にちゃんと決めた方がいい!将来どうなるかはわかりませんが、いざ漫画家になる!という時には、その前に色々活動していて変えようにも変えられなくなっているはずなので(笑)