2012年4月、デビュー作としては異例の短編集を引っさげ、突如漫画界に驚異の新人が現れました。高畠エナガ先生です。心の底から溢れでてくるかのように感情を爆発させるキャラクターの魅力、王道な展開をなぞりながらも、随所に捻りを加えた構成力、そして何より、既にハイレベルな域に達している画力。しかも描いた当人が描いた当時は23歳と、ついこの間まで学生であったというから驚きです。しかし、「突如」という言葉は、先生、そして以前からファンであった方達には語弊があるかもしれません。何故なら、先生は既にインターネットの投稿サイト等で、「複数の」「連載経験」をお持ちだった作家なのですから……
今回は「平成生まれデジタル育ち」な作家であり、自分達とも近しい年代のエナガ先生にデビューまでの道筋や、漫画描きにとって最もネックになる問題、アナログとデジタルの違いをじっくりとお聞きしてきました。さらに、デビュー作である短編集について、一話ずつ先生に疑問をぶつけてみました!


ネット投稿時代―gifアニメから新都社まで―

まずは月並みな質問から。絵や漫画を描き始めたのはいつ頃でしょうか?

高畠エナガ先生(以下敬称略)小学校6年生の時に友達が漫画描いていたんで、それに触発されました。クラスのみんなに見せて回ったり、アフレコが得意な友達に読んで貰って遊んでいましたね。

クラス皆で漫画描くことを楽しんでいたのですね。

エナガ あの時が1番、読者のことを考えて描いていた気がします。

集英社のプロフィールに、中学生の頃からGIFアニメの制作をやっていたとありました。ネット環境がなければ出来ないことですが、先生はいつ頃パソコンを手に入れたのでしょうか?

エナガ 親から譲って貰ったのが、中学2・3年くらいだったと思います。
当時、漫画を描くにしても、フォトショップやコミスタとかのツールがないんですよ。なのでインターネット上に作品を上げづらい。だから動く絵、アニメの方が、普通に絵を描くよりもストーリーを表現出来ました。プロアマの方とか、漫画家志望の人とかが集まるコミュニティのようなものがネット上にあり、そこによく顔を出していたのですが、凄く上手い人がたくさんいたので自分もやってみようかなと思って始めました。

そこではどのような作品を描いていたのでしょうか。

エナガ アクション重視のロボットものとかですね。あと土曜の夜に皆でネット上に集まって、与えられたお題に従って即興でアニメを作るという企画に毎週参加していました。

それは絵の練習になりそうですね。現在先生の作品で閲覧が可能な最古の作品は、ご自身のサイトにも挙がっている『Vippers』です。この作品を描き始めたのはいつでしょう?

エナガ 高校2年生の時でしたね。たしか4月頃だったと思います。

連載は新都社(2ちゃんねるが発祥のWeb漫画掲載サイト)でやっておりましたが、何故そこで載せようと思ったのでしょうか?

エナガ ネット上でたまたま見つけました。その頃新都社は始まって1年もたっていない状況で、皆好き勝手に漫画を描いていたので、「自分も自由に表現してみたいな」と思い、第1話を2日くらいで描いてすぐさまアップしました。

『Vippers』は、なにより完結させているというのが凄いと思います。大抵の個人でやっているWeb連載というのは、完結を見る前に作者が諦めてしまうことが多いじゃないですか。終わらせられたのはなぜなのでしょうか。

エナガ 1番は「描きやすさ」だと思います。あの時は、ルーズリーフにコピックで描いていましたね。後は簡単な絵柄にするとか、風呂敷を広げすぎず、ちゃんと終わらせられる範囲にまとめるとか。とにかく続けて終わらせないと、というのをずっと考えてました。

自分の出来る範囲で描ききると。最終回を載せたのはいつ頃なのでしょうか?

エナガ―高校を卒業し、大学に入学してからちょっと経った、5月くらいだったでしょうか。
完結すると、今まで溜まっていた感想がドッとやってきました。続いている頃は、区切りが付いていないので中々感想が来ないんです。終わった時に始めて、Web拍手が沢山ついて、感想を言ってくれる人もいて。その時は、描き続けてきて良かったなと思いました。

物語の外も含めて大団円ですね!それからは大学での活動に移っていく訳ですが、進学先は「成安造形大学」という美術系の学校ですよね。どのような学部に進まれたのでしょうか?

エナガ 入学してから2回生まではグラフィックデザインの学科に進み、3回生からは漫画を描けるイラストレーション科に行きました。

4学生生活で学べた事は何でしょうか。

エナガ Adobeのソフトをきちんと使いこなせるようになったことや、スケジューリングのやり方とか、実践的で仕事に繋がるような事柄を教えこまれました。

スケジューリングというのは、具体的にどのようにするものなのでしょうか?

エナガ こまめにメモ帳を見て、どこからどこまでにネームを終わらせるとか、とにかくここまでに何%終わらせるという細かい目標設定が、1番重要な所ですね。切羽詰まり、徹夜してその日の内に描いたところで、最終的な作業時間っていうのは同じくらいにしかならないんです。どうしても締切が何日までとだけしか決めていないと、絶対そこまでに怠けてしまいます。それを防ぐために、1日何ページ描かなければいけないのか、細かくスケジュールを作っていきます。すっかり忘れてしまうこともあるので、スケジュール帳は直ぐに見れるよう、手元に置いてないとダメですね。

在学中に出版社に持ち込みにいったりはしなかったのでしょうか?

エナガ 全くですね(笑) 漫研に所属して、部誌とかは毎回描いていたんですけど。ただグンと画力が上がったのは『ZELBESTY』を描き始めてからですね。その頃までは全然下手でした。

漫研ではどのような活動をしていたのですか?

漫研では主にクロッキーを行なっていました。先輩の作品の生原稿を見て、とても綺麗で驚いたのをよく覚えています。