漫画家と漫画家の百合?「comicリュウ」にて好評連載中の『まんがの作り方』は、少女漫画を思わせるような繊細なタッチで女の子達の細やかな心情を描きつつ、読んでいて脱力してしまうとぼけたギャグが頻繁に挟み込まれる、独特の空気感を持った作品です。近年は少女向け雑誌にも足を伸ばしつつある作者の平尾アウリ先生をお招きし、デビュー以前から現在に至るまで幅広くお聞きしました!


『まんがの作り方』は「再々」デビュー作品?

漫画を描き始めたのはいつ頃ですか?

平尾アウリ先生(以下アウリ)小学4年か5年生くらいの頃です。付けペンを使い始めたのは小学6年生の頃。近所の年上の友達に描き方を教えてもらいながら描いていました。そのときに描いていたものはぜんぶ友達にあげてしまったので、今は家に1つも残っていません。

1番最初に持ち込みや投稿をされたのはいつ頃ですか?またはじめて賞をとったのはいつ頃ですか?

アウリ中学2年のときです。持ち込みには行ったことがなくて、投稿していました。浅野りん先生の作品が大好きで、小中の頃はほとんど『少年ガンガン』しか読んでいなかったので、そのまま「ガンガン」に投稿していました。賞を取ったのは投稿をし始めてから1年ぐらい後です。

短編集『4月1日』にガンガン時代の作品が掲載されていますが、あれはいつごろ描いたのでしょうか?

アウリ19歳の頃です。実は、あれは「ガンガン」での2回目のデビューなんです。賞をとったあとネームがなかなか通らなくて、だんだん担当さんに連絡しなくなっていったので、向こうが自分のことなんて忘れているだろうなと思ったんです。なので1回賞を取ったというのを隠して投稿し直していました。

投稿作以外に絵や漫画は描かれていたんでしょうか?

アウリ趣味で描いていたのと、同人誌を中1からずっとやっていました。実は同人誌がすごく好きで、その頃はだいたい2ヶ月に1冊ペースで新刊を出していました。

「ガンガン」時代から『comicリュウ』での再デビューまでも期間が空いていますが、その間はどんなことをされていたのでしょうか?

アウリアルバイトがすごく楽しくて、ずっとアルバイトをしていました。ところが親に「23歳までには就職しろ」って言われたんです。就活するのはメンドくさいなと思って、じゃあまた漫画を描いてみようかなと思い、それから初めて描いたのが『まんがの作り方(以下まんつく)』です。

リュウに投稿された理由は?

アウリネットで「漫画 新人賞」で検索して、1番最初に出てきたのがリュウの龍神賞だったんです。リュウの執筆陣があんなに豪華だとは、そのときは知りませんでした。すぐに通るとは思っていなかったので、『まんつく』を出したらすぐ次のを描いて、検索して出てくる賞を上から順番に投稿しようと思っていたぐらいです。そうしたらいきなり通ってしまったので驚きました。今ではリュウさんに拾ってもらって良かったと思っています。