持ち込み作品が新人賞を受賞して『つるた部長はいつも寝不足』の連載が開始するまでの道のり、そして、個性豊かなキャラクター設定や百合漫画ストーリーのこだわり等を須河篤志先生にお聞きしました!ただいま『コミックフラッパー』(メディアファクトリー)にて連載中、マニアックな造形趣味を持つ恋愛初心者の社会人達を描いた『不器用な匠ちゃん』は2014年7月23日に最新5巻発売です!


幼い頃から漫画を描いていましたか?

須河篤志(以下 須河)漫画というより、絵を描いていましたね。物心ついた頃からノートに落書きをしていました。八歳の時に、母から『コミックボンボン』(講談社)を買ってもらったのが漫画との出会いです。それから、なんとなく将来の夢は漫画家と思っていて、中学生になるとその思いが大きくなり、美術系のことが学べる工業高校のデザイン科に入学しました。40人中五人だけ男子という特殊なクラスで、今でもその五人とは仲がいいですね。その学校や美術室の雰囲気が好きなんで『つるた部長はいつも寝不足』(以下『つるた部長』)は描いていて楽しかったです。

高校で漫画について何か学びましたか?

須河漫画とデザインはジャンルが違うのでこれといっては……。漫画は読者を楽しませるエンターテイメント性があって、デザインは自分の考えを出す芸術性があって、見せ方が違うんです。初めて本格的に学んだのは漫画の専門学校に入学してからです。

その時に何か影響を受けたことはありますか?

須河漫画をあまり知らなかったから、いろいろ読まなければと思って、たまたま志村貴子さんの『ぼくは、おんなのこ』を買ったんです。それを読んで「ああ、俺はこういうのが描きたいんだ」と思いました。それまでジャンプ系のバトル漫画くらいしか読んだことがなかったので、かなり影響を受けましたね。だから、中学高校の時に漠然と目指していた漫画とは逆の漫画を今は描いています。

持ち込み活動をしていたけれど賞に出していなかったのはなぜですか?

須河賞に出せないほどひどかったんですよ。初めて描いて持ち込んだ漫画は、今見返すと、何だこれ?ギャグじゃないの?というほどの作者にしかわからない内容で……。だから、賞に出さなかったというより、出せなかったんです。

持ち込み先はどこでしたか?

須河最初は志村貴子さんがいるからというだけの理由で『コミックビーム』(エンターブレイン)に持ち込んでいました。3作目からは、そこだけでなく複数の編集部に持ち込みました。そこで『コミックフラッパー』(メディアファクトリー)だけ名刺をもらえたんです。

持ち込みで編集さんに何を言われましたか?

須河漫画は「掴み引き山場」をどう見せていくのが大事だと言われたのは覚えています。でも、考えてもわからないですよね……。最初から「掴み引き山場」を考えられる人はたくさん映画を見ている人か天才ですよ。だから最初の頃は、自分が描きたい漫画を描けばいいと思っていて、指摘された点を改善することははぼなかったです。そうじゃないとやっぱりつまらないし、描く経験値得るための時期ですからね。

そして『NAKED』が第1回MFコミック大賞フラッパー賞を受賞しましたね。

須河『NAKED』は6ヶ月かけて描きました。考え始めて3ヶ月くらい経った時、「あーもういいや!すごいの描けばいいんでしょ!」と吹っ切れていたら、担当さんから「ちょっとエロいやつ描いてみれば?」と言われて、それならヌードデッサンしかないじゃんと思って(笑)、シリアスな路線で考えていた話を変更したんです。そのネームを見せたらいつもあまり褒めない担当さんが「これはすごい漫画だ。」と言ってくれました(笑)。そして受賞したんですが、「絵が上手な人がいるなかで、君がフラッパー賞です。」と言われたぐらいで、見たら自分より上手い人ばかりで……。ストーリーのカタルシスがよかったのが選考理由だと聞きましたが、よく自分が取れたなと思いましたね。その後、連載用の案を考えてと言われましたが「いや、まさか連載するわけないだろう(笑)。」と思いながら『つるた部長』を担当さんと練り上げたら、そのまま連載決定して、よく踏み切ったなとびっくりしましたね。

須河篤志先生がこのインタビューのために色紙を描いている途中の写真です!次のページで完成色紙を公開!
S__81199106


ページ 1 ページ 2