物語音楽という、唯一無二の楽曲スタイルを確立したSound Horizon。ライブやコンサートは、「領土復興遠征」や「領土拡大遠征」などと銘打たれ、Sound Horizon Kingdomとして国歌も存在するほどで、独自の世界観を築いていることで有名です。また、プロデューサーであるRevo氏は、ファンからは「陛下」と呼ばれ親しまれています。

 そのオフィシャルサイトに、20126月未明、1日限定の「Revo特派員」募集ページがたちあがり、ローラン(Sound Horizonのファンのこと)たちの間で、一次騒然となりました。(騒然となってから、当日特派員がリアルタイムでつぶやいているところまでをtogetterにまとめてくださってる方がいます!ありがたいです!)

 特派員としての条件は以下の通り(応募ページより抜粋)

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

Revo認定特派員大募集!

特派員に課せられる使命はひとつ。

2012619日(火)に開催される式典で発表されるコトをより多くの人へと繋いでいくこと。

特派員認定証を受け、課せられた指名を全うせよ!

 

■応募条件

619日(火)1820時に東京都港区内某所で行われる式典に参加可能な方

Twitter、ブログ、HPSNS等、WEB上で情報を拡散できるツールをお持ちの方

 

■選考基準:熱意

 

■募集人数:30

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

この30名という狭き門を、なんと東京マンガラボメンバーが幸運にもくぐりぬけました・・・!

名前入り特派員認定証とごめんツリーTシャツ、しっかりいただいてきたよ!

 特派員に選ばれたからには、ローランのはしくれとして全身全霊でレポートしていこうと思います。他のメディアにはのっていない情報を中心に記載していくので、会場内のイメージや雰囲気がわかっていただけたら嬉しいです。

 

式典概要

 「Sound Horizon ポニーキャニオン移籍発表第一弾」と銘打たれたこの式典で、Revo陛下が携わる新プロジェクトについて明らかにされたことは、既に各メディアが報じるとおり。

 

~新プロジェクトの内容~

 

1.3DS専用ソフトRPGゲーム「ブレイブリーデフォルト」の楽曲をRevo陛下が担当し、サントラの発売も決定している。

 

2.他のコンテンツとコラボして楽曲を発表する際は、Linked HorizonというSound Horizonとは別の名義で行う。

 

 「ブレイブリーデフォルト」の件については、ファミ通.comにて詳しく報道されています。

 Linked Horizonについてもファミ通.comさんで報道されていますが、今回の新曲は「ブレイブリーデフォルト」に提供した楽曲のボーカライズ版だということです。マキシシングル「ルクセンダルク小紀行」・アルバム「ルクセンダルク大紀行」両方のリリース日が既に決定しており、式典ではその新曲のPVが公開されました。ルクセンダルクとは、「ブレイブリーデフォルト」の世界の地名だそうな。このPVについて、のちほど詳しく記載します!

Linked Horizonオフィシャルページ

 

会場内

会場内はざっくりこんな感じ。

そして、正面にある舞台はこんなデザインでした。

陛下が出てくるまで、特派員たちは皆して、鎖やコードに陛下がつまづかないか心配していました(笑)

ちなみにこちらが、会場内のところどころにたっていた柱のデザイン。

報道スタッフが大勢いて、一般参加の特派員たち皆きょどっていたと思います・・・。

出演者

McSaschaさんがつとめていました。特派員めっちゃいじられました(笑)

座っていた位置はこんな感じ。

「ブレイブリーデフォルト」の件については、浅野さんをまじえてのトークセッション。質問コーナーもありました。

Linked Horizonについては、SaschaさんとRevo陛下お二方でのトークセッション。

陛下、安定の噛み噛みっぷりでした(笑)

トーク内容はファミ通.comさんの記事にだいたい載っているので割愛。

 

Linked Horizon

新曲「彼の者の名は・・・」のPVを、うろおぼえですがイラストにしてまとめてみました。

これでイメージがつかめますでしょうか。映像の順番は前後するかもです。

 

教会らしき場所に入っていく陛下

 

陛下アップ、カメラにむかって歩いてくる

(ここで海賊っぽい服装だったのでコンキスタドーレスかと思った・・・)

 

陛下が楽譜に音符を書いていく様子

 

林の中を歩く、白い傘白い服の少女

 

林の中にある、扉らしきもの。建物が過去にあったのが崩れている・・・?

 

歌う陛下※ちょいちょい間に入ってきますがそれは割愛

 

その扉に少女がたどり着く

 

入ると、陛下がいる教会

 

椅子に座って祈る少女。それに重なる邪悪な笑みをうかべた少女。(別人格・・・?)

 

懺悔している少女

 

陛下のほうへ走っていく少女、しかし少女に陛下は見えておらずすりぬけてしまう。陛下からは見えてる様子

 

祭壇にある本のページをめくる少女と、それを見ている陛下。一瞬目があったかと思うも気のせい・・・のような。

 

陛下歌った後に謎のキメポーズ

 

本を抱えて教会を出た少女。林をぬけひらけたところに出る

 

また邪悪な笑みをうかべる少女。本の表紙に「L~~」という文字がうかびあがる(おそらくルクセンダルク)

 

【聞き取れた歌詞】

「失うことは奪われること 後悔数えてもきりがない」

「~約束果たすために僕らはやってきた」

「恐れることを知らない」

「君と出会って僕は強くなれた」

「弱い心に立ち向かうこと」

「君の分まで僕が生きてゆく」

 

このPVに出てくる意味深な女の子には、やはり設定があるようです。気になって仕方ない!!

ちなみに、このPVに出てくる陛下は、陛下に似て非なる存在ではなくてRevo陛下本人だそうです。(質疑応答より)

 

おまけ

★陛下のファッションチェック

 

★陛下への献上品

しっかり受け付けてもらえました。私が献上した品物はこれ。

渾身のイラストです。愛だけはこもっている。

 

★メモに使ったノート

Sound Horizonのコンサートでゲットしたものです。勿体無くて使ってなかったけど使うべきところはここだったようだ!ということでここぞとばかりにメモしました。

Revo陛下、誕生日だというのに我々ローランに素敵な情報をくれるとは・・・!

当日も一体何が起こるのか、非常にワクワクさせてもらいました。

つくづくアーティストでありながらエンターテイナーなのだなあと実感しました。

ゲームやCDの発売日がとても待ち遠しいですね!

 

そんなわけで、レポートは以上になります。

ここを御覧になってる特派員の方がいらっしゃいましたら、「PVのここはこうだったよ!」などコメントいただけると嬉しいです。

長文お付き合いいただきありがとうございました!