こんにちは!
日曜ブログ更新担当の益荒雄鰤です。この頃忙しくて日曜に更新できてないんですけど!
もう11月になってしまいましたねぇ。冬コミに参加されるサークルのみなさんは、原稿の締切が刻一刻と近付いてきているのに戦々恐々となさっているのではないでしょうか。

この頃話のネタがほとんどなくなってきてしまったんですが、今回はようやく殿堂入りしたポケットモンスターX・Yの話をまたまたしようと思います。

殿堂入りという他のゲームで言えばシナリオクリアを達成してのこれまでの感想ですが、とにかくレベルが上がり易い!
特に意識していたわけでもなくこれまでのシリーズと同じように最初の御三家を先頭に進めていっていたら、殿堂入り時にはレベルが80後半でした。四天王もチャンピオンにもほぼ何もさせることなく勝利出来るだけのレベル差になっていて、楽だが物足りないというような結果に。
これも対戦をメインに考えている人に向けた仕様なんでしょうかね。

しかし、以前のブログのタイトルにもしたように、これからがポケモンのスタートですからね。BP貯めて対戦に必要なわざマシンやどうぐを揃えたり、必要なフレンドコードをネットを通じて集めたり、パーティ考察をして欲しい個体値のポケモンを厳選したりと……、やはりやることはとても多いです。時間がいくらあっても足りないですな。

自分はちょっとずつコツコツと進めていこうと思います。
今回は自分のフレンドコードがはがねだったこともあり、はがねタイプ統一パーティを作ろうと考えております。クチートちゃんかわいいよクチートちゃん。

動画サイトに上がっているポケモン対戦動画などを見て、自分も早く対戦の海に潜りたいと思う今日この頃であります。

さて、今回も短いですがここからが本題の作品紹介です。

今週アップされたインタビューはこちら!

第49回 えのきづ先生インタビュー【琴浦さん/アクレキ】

そして、学生作品のテーマは「魔女っ娘」でした。

【イラスト】ミニチュアハロウィン 担当:錦州城

うん、相変わらずのおっぱいで何よりです。

次回のテーマは「学園祭」!

では皆さん、次回のブログで会いましょう!