ども、インタビュー班元主任あたたです。
そう、「元」なんですね。というのもインタビュー班に、この春新たに二人のニュービーインタビュアーが加わってくれたのです。お蔭様で一時期活動休止状態だったインタビュー班も現在は活発に活動しております。『インタビュー班の活躍、期待してねっ!』(分かりづらいパロディ)

さてさて、先日このような記事が公開されておりました。

大塚英志緊急寄稿「企業に管理される快適なポストモダンのためのエッセイ」

大変大雑把に意訳すると「メディアミックスと二次創作が十八番のK○DOKAWAとド○ンゴが合併すれば、早晩創作というものは彼らによって二次創作のために最適化された作品群から、更にN次創作を生産していくだけの作業に成り下がる」ということだと思います。違うかな?

なにはともあれ、こうして生まれた一大オタク企業が今後どのような展開を示すのか?注意して見守っていく必要があるでしょうね。

やばい、お話が堅い!次はキラキラ系JDの記事が載りますんで、こんな糞オタクの記事なんてさっさと閉じて次の記事を全裸待機しといてください。それでは!